就活中と就活後のバイトはどうする?上手に工夫して乗り切ろう!|ボムスbyバイトル編集部

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

就活中と就活後のバイトはどうする?上手に工夫して乗り切ろう!

就活という一大イベントに臨むにあたり、アルバイトとの両立を考えている人はどれほどいるでしょうか。多くの人は両立を望みつつも、本当に上手くいくかどうか不安なのではないでしょうか。確かにバイトを頑張りすぎては就活に支障をきたす恐れがあります。しかし、適度にバイトにも通うことは就活にも好影響を与えてくれるのです。ここでは就活中のバイトについてメリットやおすすめの職種などをまとめてみました。
 

就活中にバイトするメリットとデメリット

就活中にバイトをするメリットとしてはフレッシュな気持ちでバイトにも就活にも新たな発見がもたらされることです。バイト先で構築した対人スキルが面接に活かされることも少なくないでしょう。仲間との時間が気分転換になって就活が充実する可能性もあります。何よりも就活資金を賄えることは大きなメリットです。交通費やスーツ代、セミナー参加費など多くの活動資金を手に入れることで就活の幅は広がります。デメリットとしては就活とシフトの両立が難しくなることです。シフトに入りにくくなれば当然、収入も減るのでバイトを行う意味が薄くなります。就活が佳境に入ってくればバイトがストレスになることも、その逆もあるでしょう。就活が上手くいかないときにはバイト中にも『こんなことをやっていていいのだろうか』という考えがわき、集中がしにくくなります。就活中のバイトはメリットもデメリットも表裏一体だといえます。

 

結局どっちがいいの?

目先のメリットとデメリットを天秤にかければ就活中にバイトを続けることの有効性は判断しづらいところです。しかし、長期的な視点に立つと就活中にバイトをすることの貴重さが見えてきます。まず、忙しい中で何か一つのことをやり抜くという体験があなたを人間的に成長させてくれるはずです。社会に出れば忙しいスケジュールの中でも結果を出すことが求められます。その予行演習を就活中のバイトで行っていると思えばいいのです。また、就活との両立が苦しかったとしてもバイト先で手に入れた人間関係を簡単に切り捨てるのは得策ではないでしょう。もしかすると、就職後、仕事で協力できる機会があるかもしれませんし、そうでなくても学生時代の友は一生の宝になります。就活中はバイトのスケジュールを緩めて内定が出た後はしっかりとシフトに入るなど、自分に合った方法でできるなら就活中でもバイトを継続させたほうがためになるでしょう。

就活とバイトを両立させるためのアイデア

就活中のアルバイトを上手く成功させるコツは無理をしないことです。無理をしてしまうとバイトがストレスになり、モチベーションが低下します。就活のある日にバイトを組み込むのではなく、土日など企業が休みの日を狙ってシフトに入ると楽に生活できます。また、完全に一日中予定がない日を週に一日程度は作ることが肝心です。忙しいスケジュールを乗り切るためには適度な休息も必要です。休みがあれば予定を入れる、ということが癖になれば、就活の佳境で疲労がたまり、パンクしてしまう恐れもあります。一日オフを一人で過ごすからこそ英気を養うこともできますし、ネットなどで志望企業を探す余裕を確保できます。そして、就活を開始したところでバイト先の上長には事情を説明しておくようにしましょう。説明なしにシフトを減らすと、上長を不安にさせてしまいます。きちんと説明することでバイト先からも就活への理解と協力を得られます。

 

これからバイトをするならどうすれば?

これまでは就活開始以前からバイトを継続してきた人を対象に書いてきましたが、就活中でありながらも新たにバイトを始めようとする人はどうすればいいのでしょうか。こうした人は本人の能力や経歴など関係なく、バイトの面接で採用されにくくなります。面接官からすればシフトをきちんと守ってくれるかどうか不安ですし、採用しても就活の状況によってはすぐに辞めてしまう可能性があるからです。就活中でアルバイトを探している人は長期バイトではなく短期バイトを探すことをおすすめします。派遣サイトなどに登録して働く短期バイトでは、ランダムなスケジュールに合わせてバイトを選べます。たまたま面接がなくなったからアルバイトに行きたいというような状況でも定員が埋まってさえいなければ現場に向かうことができるのです。短期アルバイトは日払いや週払いを採用しているところも多く、手早く就活資金を稼げるというメリットもあります。

 

就活中・就活後に働くならこんなバイトはいかが?

短期アルバイトの中でも人気があるのが引越し業者やイベントスタッフといった日雇いの仕事です。これらの仕事の特徴としてはまず、シフトに入りやすいことが挙げられます。常に人手を欲していて、都会であればアルバイトの需要が尽きないこれらの仕事では簡単に募集を見つけることができます。時給の良さもうれしいポイントです。その代わり、体力こそ使いますが、慣れてくれば力の抜き方も覚えてきますし、要領のいい仕事のやり方も教えてもらうことができます。肉体労働のほうが仕事を覚えるまでの過程が速く、未経験者でも真面目に取り組めばすぐに経験者のレベルにまで達することができます。一つの現場が終わればスタッフが解散するので、煩わしい人間関係に悩まされることもなくなります。もし就活の合間にできた一日だけのオフをバイトに使いたいなら、簡単に多く稼げる日雇いバイトを検索してみましょう。

 

何かと忙しい就活生!健康には十分に配慮して!

就活中のアルバイトで気をつけたいのが体力と精神力のケアです。あまりにも両立を頑張ろうとして体力をすり減らしてしまうと、大きな病気に発展することもありえます。大切な就活中に健康を害してしまう事態はライバルたちと比べて大きなハンディを背負ってしまうことを意味します。体力を害した場合は気づけるものですが、自覚症状のないままに落ち込みやすいのが精神力です。真面目で几帳面な人ほど忙しい時期に遭遇すると『自分の力で乗り越えなければ』と半ば強迫観念に陥ってしまい、失敗したときに自己嫌悪が襲ってきます。
酷いときにはうつ病などの精神疾患にまで派生してしまい、就活どころか人生にまで影響してしまいます。就活もアルバイトも大切なのは間違いありませんが、それ以上に大切なのは健康です。忙しいときほど休むことは不安になりがちです。それでも、全力で頑張るためのエネルギーを補充するため、適度に休むことも重要です。

 

まとめ

就活は今後の人生を左右しかねない重大な期間です。バイトだけでなく、勉強や恋愛、交友関係などさまざまな物事との両立が難しくなり、一人で悩みを抱え込むことも出てきます。過剰にナーバスになり、常に就活のことを考えていなければ不安に襲われる人もいます。しかし、就活だけを盲目的に頑張っても上手くいくとは限らないのです。他の物事が就活に挑むパワーを与えてくれたり、就活に通じる考えを教えてくれたりすることもあるでしょう。就活中でも日常のリズムは崩さず、自分にとって大事なものを見極めることが大切です。就活中のバイトはあなたに就活のヒントをもたらしてくれる可能性があります。そして、就活中でもバイトと両立できたという経験が自身を与え、就職後も仕事をこなしていく活力となるでしょう。無理のない範囲で就活中もアルバイトに打ち込み続けることで人間的な成長がもたらされるのです。

 

この記事が役に立ったらいいね!してください