ナイツ★スターアルバイト烈伝(後編)|バイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

ナイツ★スターアルバイト烈伝(後編)|バイトルホワイト そのナイーブな性格から(?)数々のバイトを転々とした塙さんと、何事も要領よくこなし、ひとつのバイト先で長く働いたという土屋さん。二人の対照的なアルバイト体験談をどうぞ!

ナイツ

Profile

(写真左から)塙 宣之/1978年生まれ。土屋伸之/1978年生まれ。

2001年にコンビを結成し、内海桂子師匠の弟子として活動スタート。2003年、漫才協団(現・漫才協会)・漫才新人大賞受賞を皮切りに、数々の賞レースで活躍。落語芸術協会、三遊亭小遊三一門として寄席にも出演する。
新刊『ナイツの言い間違いで覚える日本史』(学研パブリッシング)が発売中。

後編

ナイツ

アルバイト先では意外とモテモテ…?
中国人女性からナゾの逆プロポーズ!?

土屋:バイト先には、変わった上司や仲間がたくさんいましたね。特に印象に残っているのは、六本木の飲食店でバイトをしていた時、フロアで働いていた中国人の女のコ。中国から出稼ぎに来ていて「ツチヤ、ヤサシイ」「ツチヤ、ヤサシイ」が口癖のコで、なんだか妙に言い寄られまして。
:へー、意外とモテたんだ。
土屋:いやいやいや……。それがある日、思い詰めたような顔で、彼女から突然「ツチヤ、ケッコンシテ」と言われたんですよ。「ツチヤ、ヤサシイ」と。"いきなり結婚ッ!?"とビックリして、よくよく話を聞いてみると、“もうすぐビザが切れるから、日本の国籍がほしい”って。「30万円デ、ドウ?」と、堂々と偽装結婚を申し込まれたんです(笑)。正直に言ってくれてよかったですけど、危なかったですよね。
:それ、最初から狙われてたんだろうな。“ツチヤなら、きっと断らないだろう”って。
土屋:たぶんね。危うく戸籍を汚すところでした。

ナイツ

芸人の間で“売れる”と噂になった
コールセンターの夜勤アルバイト

:僕は結局、最終的にコールセンターの夜勤アルバイトにたどり着きました。夜10時から朝9時までで、芸人の仕事をしながらでも働けましたし、3年ぐらいやりましたね。
土屋:今までに比べると、かなり長続きだね。
:そこは、まわりが芸人ばっかりで。Wコロンの木曽さんちゅうさんとか、バイきんぐの西村(瑞樹)くんとか、エルシャラカーニのセイワ(太一)さんとか。あと、じゅんいちダビッドソンという、ピン芸人もいまして。
土屋:最後の方は、みなさん、ちょっと知らないかもしれないですね(笑)。
:え、知りません? まぁ、それはともかく。コールセンターならお客さんと顔を合わせることもないし、涼しい環境で座っていられるし。やっとラクできるバイトを見つけたと思いました。10年かかりましたけどね。
昼間は100人ぐらいバイトがいるらしいですけど、夜の時間帯は10人程度。交代で休憩を取るので、実質6人ぐらいしかいないんです。でも、仕事はさほど大変じゃなかったですし、みんないいヤツばっかりで、すっげぇ楽しかったです。
土屋:たった6人で、全国からかかってくる電話をまかなっていたってスゴイね。その時間の問い合わせは、全員、芸人が対応してたんでしょう。
:そうそう。それで、芸人の中で僕が一番はじめにテレビに出て、バイトを辞めたんですよ。それからちょっと遅れて、Wコロンも売れて木曽さんが辞めて。芸人の間で“そのコールセンターでバイトをすると、売れるんじゃないか”という噂が立って、芸人のバイトがめっちゃ増えたらしいです。
 で、エルシャラカーニのセイワさんが「俺も、みんなと同じように結果を出す!」と、THE MANZAI 2011で決勝に行って、「やっと辞められる!」と喜んでいたのに、その後も全然仕事が増えなくて。「今度こそ、結果を出す!」と、2012でも決勝に行ったのに、なぜか仕事が増えなくて。結局、今、コールセンターで週6バイトしてます(笑)。みんな、早く売れたくて、がんばってるんですけどね。

ナイツ

文系と体育会系で分けるべし!
ナイツ流・アルバイトの見つけ方

土屋:特に芸人は、アルバイトを見つけるのが難しいんです。昼間、急にネタ見せが入ると、バイトを休まないといけないので。でも、辞めて、また条件の合ったバイトを探して、履歴書を書いて面接して……って、面倒じゃないですか。だから、なるべくその回数を減らしたくて、僕はひとつのところで長く働いたんですよね。多少のしがらみがあったとしても(笑)。
:僕は、すぐ辞めてたからなぁ。自分の経験でわかったのは、大きくいうと、文系と体育会系で分けて考えたほうがいいってことですね。時給で考えると、本当は文系なのに体育会系を選んじゃって、ツライ思いをしますから。僕は完全に文系なのでコールセンターが合っていましたけど、体を動かすのが好きな人には「よくコールセンターのバイトなんてできるね」と言われましたし。そこらへんは重要かもしれないです。
 でも、芸人はやっぱり特殊ですよ。芸人として早く売れて、バイトを辞めることが目標ですからね。コールセンターのバイトも、まわりがみんな同じスタンスだったから、長く続けられた気がしますし。将来、やりたいことがある人は、それぐらいの気持ちでいたほうがいいかもしれないですね。
土屋:いやいやいや。でも、お金をもらうワケですから。バイトの人間関係とか、仕事内容とか、今後に生かされると思ってマジメに働いたほうがいいと思いますよ。
:……たしかに。結局、アルバイトはちゃんとしようということですね。
土屋:そう、そういうことです!

スターたちからのカラーバイトルユーザーへの熱烈&応援メッセージはこちら!きっと、きっと、あなたの元気になる!ヒントになる!ぜひ、ご覧ください。