『チョン・ウンジ(Apink)』の日本初単独ツアーをサポート!

「その経験が夢につながる」をテーマに、心揺さぶる“驚き”と“感動”の非日常なアルバイト体験ができる『ドリームバイト』。
今回は、日本でも根強い人気を誇る韓国のガールズグループApinkのメインボーカル、またソロアーティストとしても活躍する「チョン・ウンジ」さんをサポートいただきます。韓流ぴあのスタッフとして、初の日本単独コンサートである『2018 Jeong Eun Ji 1st Live in Japan Hyehwa』の公演前の取材・撮影をサポートしていただきました。

仕事前のワクワクした様子の石渡さん

今回採用されたのは、高校時代からApinkの大ファンだという石渡さん。
憧れのウンジさんにお会いできるとのことで、少し緊張しつつもワクワクした様子で仕事に臨んでくれました!

1.取材場所の設営

いよいよ、STAFF ONLYの裏側に潜入です~!

コンサートポスターの前で記念撮影する石渡さん

まずは取材を行うため、机や椅子の設置を頼まれました。韓流ぴあの編集長さんの指示に従い、決められた位置に運んでいきます。

指示に従い机をセッティングする石渡さん

公演前の時間がない中でも、落ち着いてインタビューが出来るような空間を作っていきます。

指示に従い椅子をセッティングする石渡さん

この椅子にウンジさんが座ると思うとなんだかワクワクしますね。

2.取材用の撮影スタート!

取材が開始し、いよいよウンジさんとご対面です!
まずは紙面用の写真撮影が始まります。会場内の、階段や壁など何気ないところで撮影をしていきます。

憧れのウンジさんを目の前に目を輝かせる石渡さん…
メインの撮影が終わると、プレゼント用のチェキを撮影するというミッションが!

チェキを何枚かテスト撮影する石渡さん

何枚かテスト撮影をし、いざ本番です。

チェキでウンジさんを撮影する石渡さん1

韓国に留学経験がある石渡さんは、「ハナ、トゥー、セ!」と合図を送っていました!
韓国のスタッフの方も、その様子を微笑ましそうに見守ります。

チェキでウンジさんを撮影する石渡さん2

あまりの近さと、ウンジさんのオーラに言葉を失う石渡さん…。
余韻に浸りたいところですが、公演まで時間がないので、サクサクと次に進みます!

3.WEB記事用の動画撮影をサポート♪

日本のファンに向けて、なんと日本語でメッセージ動画を撮影します。
そのカンペを、カメラの横で持たせていただきました。

カメラの横でカンペを持つ石渡さん

少しだけ、自分が見つめられたような気になってしまう瞬間です。
ウンジさんからも、直接「すいません。もう少しこっち側にお願いします。ごめんなさい…!」などお声かけもあり、コミュニケーションを取りながら円滑に進めることが出来ました。

4.取材の見学

写真と動画の撮影が終わると、一番最初にセッティングした場所にウンジさんをご案内し、取材見学をします。
身振り手振りを用いながら、時折日本語を交え終始笑顔で話すウンジさんの様子がとても可愛らしかったです!

このようにして取材は無事に終了したのですが、終わった途端何やらスタッフがバタバタ…

ウンジさんに見せるプラカード

なんと、お客様の皆様に配布し、公演終了後にウンジさんにサプライズで見せるという『日本に来てくれて、歌ってくれて、ありがとう!』と書いてあるプラカードを設置しはじめたのです!
今回の業務を通して、ウンジさんの愛される所以、本当に素敵な人柄を感じることが出来ました。

今回は、韓国と日本と様々なスタッフがいるなかでの業務でしたが、無事に撮影も取材も終了することができ、以上で本日のお仕事は終了です。お疲れさまでした。

5.アルバイトを終えて…

アルバイトを終え、緊張がほぐれた様子の石渡さんに感想を伺いました!

アルバイトを終え、緊張がほぐれた様子の石渡さん

―ドリームバイトに参加してみた感想を教えてください!
まず、今までドリームバイトの募集を見ては、すごいなぁ、本当に夢のようなバイトだなぁ、と思っていたので、自分が携われることになり、とても嬉しかったです。もっと色々なことをやると思っていたので、もう少しこき使っていただいてもよかったのに…!!というのが正直な気持ちです(笑)

しかし、撮影をする現場を生で見て、あんな簡易的な場所が撮影に使われるんだ!と感動しました。ウンジちゃん本人が登場した時は本当に綺麗で、可愛くて、美しすぎて、こんなに美に溢れた人間が存在するなんて…!と一瞬心臓が止まるかと思いました。取材では、ウンジちゃんが楽しそうに話す姿がとても印象的で、インタビューする側もあんな可愛い子が真剣にインタビューを受けてくれたらやり易いだろうなぁ、と思いました。
とても緊張しましたが、あの空間にいられただけで本当に幸せでした。

―今回の経験は今後の夢につながりそうですか?
元々、出版業界に興味があったため、今回取材サポートをさせていただき、取材がどんな風に行われるのか、どんな話を聞くのか、など現場の雰囲気もわかり、今まで以上に出版業界に興味が湧きました。まだ、こういう職業に就きたい!と明確には決まっていませんが、今回の経験から、何を求められているのか、どうしたらより良い環境で取材・撮影ができるのかを考えて、工夫していくことが大事だと学びました。
今回学んだことから、自分の役割や立場を見直して、自分がすべきこと、できることを考え、行動するようにし、今後の生活、就職活動にも活かしていきたいと思います。

『ドリームバイト』で、あなたも非日常なアルバイト体験をしてみませんか?

今募集中の『ドリームバイト』をチェック!
https://www.baitoru.com/cp/dream/(ドリームバイト企画トップページ)

ドリームバイト絶賛募集中

他のドリームバイトもチェックしよう!
アプリからの応募だと、当選確率10倍!

  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

カテゴリ一覧