映画『TOKYO LIVING DEAD IDOL』舞台挨拶のサポートバイト!

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

映画『TOKYO LIVING DEAD IDOL』舞台挨拶のサポートバイト!

「その経験が夢につながる」をテーマに、心揺さぶる“驚き”と“感動”の非日常なアルバイト体験ができる『ドリームバイト』。
今回は、今注目のアイドル、 SUPER☆GiRLSの浅川梨奈さん主演映画『TOKYO LIVING DEAD IDOL』で、舞台挨拶をサポートするドリームバイト。
採用されたのは、大学生の田端さん!

田端さんバイチュー

普段から舞台や映画の試写会へ足を運ぶことが多く、将来舞台や映画に関わるお仕事に就きたいと話す田端さん。
同時にSUPER☆GiRLSの浅川梨奈さんのファンでもあるとのことで、今回のドリームバイトに応募してくださったそう。

嬉しさと緊張の中、初仕事開始!!

劇場内からは映画の上映が始まり、ファンの大きな掛け声と映画の音声が流れる中、緊張している様子の田端さん、出番をじっと待ちます。
「出演者の方が車から降りたら、控室まで誘導してください。」と、担当の方から指示を頂き、 いざ、出演者の方をお出迎えへ!

出演者の方を待つ田端さん

大きなワゴンが見えてくるや否や、車の中から続々と出演者のスタイリストさんやメイクさんほか関係者が降車していき、最後に出演者の方が降りてきます。田端さん、ここからが腕の見せどころ!皆で列を作り控室へ。

もちろん先導は田端さんです。

すると、早速嬉しい出来事が!!

控室まで誘導していく際、出演者の方とエレベーターが一緒に!!
数秒間ではありますが至近距離に憧れのアーティストがいるというまさに夢のような展開!
後から田端さんに心境を聞いてみると
「いきなりの先導役で緊張しましたが、良い香りがしました…(照)」と、 ドリームバイトスタッフ一同ほっこりする一面も。

出演者の方が控室に入り、休憩する中、 早速、担当の方から「こちら、今回一緒にお仕事をしてくださる、ドリームバイトの田端さんです。宜しくお願い致します。」と、田端さんを出演者の方に紹介していただけることに。

紹介される田端さん

事前にお話を通して頂けていたようで
「あ、ドリームバイトの!聞いてますー!!!宜しくねー!!!」 とSUPER☆GiRLSの浅川さんはじめ、出演者の方から優しく声を掛けられます。緊張していた田端さん、安心したのか思わず笑みがこぼれます。

 

お次は出演者の方々に資料を配るお仕事!

資料を配る田端さん

出演者の方々に直接お渡しできるとあって少し緊張気味の田端さん。

仕事中の田端さん

その姿を察してか、控室に入るとすぐに、 「こっちに持ってきたら皆に配るよ。」と、SOLIDEMOの山口さんが助け舟を出してくださいました!

実際に映画で使用した小道具を…

控室から出ると、おもむろに担当者から「これ、持っていてください。」と、 バットを渡される田端さん。

バットを持つ田端さん

持たされたのは、映画中で浅川さんが使っている金属バット!!

バットを持つ田端さん

 

「え…!!はい…!(笑)」
いきなり重役を任された驚きと嬉しさを隠せない様子の田端さん。
すると突然、「こんなにいっぱい持たされてるの?大丈夫?」と、
浅川さんが控室から出てきて優しく声をかけてくださって、憧れの浅川さんとツーショット写真を撮っていただけることに!

浅川さんと2ショット写真

浅川さんのキュートな笑顔に安心している様子の田端さん。

出演者の方含めミーティングや準備がある為、一旦劇場前で待機をするドリームバイトスタッフ一同。 田端さんにばたばたとお仕事してもらった心境を聞いてみると

「突然のことだらけで…戸惑いました…でもみなさん優しかったですし、なにより浅川さんと写真が撮れて嬉しいです(照)」と照れながら話す田端さん。

藤井さんに声をかけていただく三浦さん画像

映画が終わり、取材陣のセッティングが始まったと合図を頂くと同時に、担当の方から次の指令が…!!

 

「イーゼルとポスターを持って舞台に上がってほしい。」とのこと。

ケータリングを準備する三浦さん画像

いよいよ、舞台上へ

スポットライトが眩しい舞台上へ上がり、取材陣の前に出た田端さん。
イーゼルを置き、そのまま帰ってくると思いきや、

舞台上に上がる田端さん

スケッチブックを渡され、取材カメラのピント合わせの為、浅川さんの立ち位置役に抜擢! 堂々と仕事をする田端さん。浅川さんの役をやり切りました!

舞台に立つ田端さん

すぐさま出演者の方々が登壇し、撮影が始まります。
その間にさっとマイク私のスタンバイをする田端さん。再び舞台へあがり、スムーズに進行をしていきます。

マイクを渡す田端さん 安堵の表情の田端さん

最後の最後に、またもサプライズが

業務も一通り終えたので、ドリームバイトスタッフから、 田端さんにお仕事終了の合図をお声掛けしようとすると、

驚く田端さん

出演者が乗り込んだワゴンから突然呼ばれ、
「今日は一日ありがとうございました!!」
なんと出演メンバーから呼ばれ感謝の言葉を直接いだたけるというサプライズ…!
感動もひとしおの田端さん。
出演メンバーやスタッフが乗り込んだワゴンをお見送りして、無事任務完了。
お疲れ様でした!

驚く田端さん

Q、アルバイトを終えた感想をお願いします!
採用のお電話を頂いたときは嬉しいと同時に信じられない気持ちでいっぱいでした。当日までドキドキしていましたが、当日はたくさんのスタッフさんがとても気にかけてくださって、様々なお仕事をすることができました。
一番印象に残っていることは、マスコミの写真撮影準備の際にお客さんが入っている状態で、ステージの上に立つというお仕事をしたときです。今まで生きてきた中で一番じゃないかというほど緊張しましたが、二度とできる様な体験ではないので一生の宝物です!

Q、 実際に現場を見ていかがでしたか?
映画の舞台挨拶には何度か参加させて頂いたことがあったのですが、裏側ではこんなにもたくさんのスタッフさんたちが携わっているということにとても驚きました。
また、想像してたよりもはるかに多くの方が関わっているんだなと思いました。出演者の皆様を楽屋へ案内した後、記者の方の受付、出演者の皆様のメイク、舞台挨拶の段取りの確認など、、、。常に誰かが走り回っている姿を側で見学させて頂きました。
普段私がお客さんとして楽しんでいる舞台挨拶は出演者の皆様だけではなく、たくさんのスタッフさんのお仕事があって成り立っているんだな、と実感することができました。

Q、一番うれしかったことは?
アルバイトの最後に、浅川さんが気にかけて話しかけて下さったことが本当に嬉しかったです! 今回一緒に写真も撮らせて頂いたのですが、その際も緊張で固まってしまっていた私 に気さくに対応して下さいました。浅川さんが隣にいる事実が信じられなくて、緊張でなんとか写真を撮ることで精一杯でしたが、とても幸せな気持ちでした!

Q、 今日の経験が田端さんの今後にどのように活かせそうでしょうか?
普段お客さん側として楽しむ機会が多い舞台挨拶をスタッフ側といういつもとは違う貴重な立場から経験することが出来ました。裏側を見学させて頂いて、スタッフさん一人ひとりのお仕事の大切さや、出演者の皆様を待たせないために先のことを考えて行動することを学べたと思います。今回、いつもとは違う立場から携われたことで視野が広がりました。この貴重な経験で学んだことを夏から始まるインターンシップや、今後行う就職活動に活かし、興味 のある映画や舞台関連・マネジメント関連のお仕事に就職するために頑張りたいと思います!

今回の経験からたくさんの刺激を受けた田端さん。これからも頑張ってください!

ドリームバイト絶賛募集中

他のドリームバイトもチェックしよう!
アプリからの応募だと、当選確率10倍!

  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

バイト求人探すならバイトル