映画「猫は抱くもの」の初日舞台挨拶に潜入!

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

映画「猫は抱くもの」の初日舞台挨拶に潜入!

出演者全員集合

「その経験が夢につながる」をテーマに、心揺さぶる“驚き”と“感動”の非日常なアルバイト体験ができる『ドリームバイト』にて、6月23日に行われた映画「猫は抱くもの」の初日舞台挨拶に潜入いたしました!

6月23日より絶賛公開中の映画「猫は抱くもの」は、思い通りの生き方ができずにいる元アイドルの沙織と、自分が人間であり沙織の恋人だと思い込むロシアンブルーの猫・良男が、自分らしく生きる術を見つけていくさまを描く作品になっております。

初日舞台挨拶では、キャストの沢尻エリカさん、吉沢亮さん、峯田和伸さん、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、監督の犬童一心さんがご登壇しました。

出演者登壇

沢尻エリカさんは沙織を演じ、「30代の女性は、仕事でもプライベートでも悩むことが多い時期で、私も共感できることが多かったです。」とコメント。

沢尻エリカさん

良男を演じた吉沢亮さんは、「飼い主とペットという関係を人間同士でやると、普通の恋人役よりも距離感が近いんです。猫役の僕から近付いていくことが多かったので、沢尻さんから嫌がられたらどうしようという不安な気持ちがあったんです。でも沢尻さんが僕を見るときは、完全に“ペットを見る目”で受け入れてくださったので、僕は本当に甘えっぱなしでした(笑)」と語っていました。

吉沢亮さん

トーク終了後には、監督の犬童一心さんから、座長を務めた沢尻さんへ手紙のサプライズプレゼント。犬童一心さんは、「女性が生きにくい時代に、自分の見方で立つ姿に、きっと多くの女性たちが励まされるでしょう。いっぱい助けてくれてありがとうございます。またさらなる作品で出会えたらと思います」という言葉を贈りました。
犬童一心さんの手紙に沢尻エリカさんは、感動で声を震わせながら「今回の現場はキャストもスタッフも、いいものを作ろうという思いでひとつだった。本当に、役者人生の中で大切な時間になりました」と感謝の気持ち述べておりました。

犬童一心さんから、沢尻さんへ手紙のサプライズプレゼント 沢尻さんのコメント

配給:キノフィルムズ/木下グループ
公開日:6月23日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://nekodaku.jp/
(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

ドリームバイト絶賛募集中

他のドリームバイトもチェックしよう!
アプリからの応募だと、当選確率10倍!

  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

バイト求人探すならバイトル