2015.12.07

【面接Q&A】09.派遣会社の「登録会」と「面接」の違いを解説

派遣会社の「登録会」と「面接」の違いを解説
アルバイトの面接ならどんなものかなんとなく想像できるけど、「登録会」っていわゆる面接と同じようなもの? どんな違いがあるの? メリット・デメリットは!? はじめて登録会に行く人のそんな疑問を解消! 登録会で行う内容から持ち物や準備まで、サクッと解説します。

面接ノウハウ関連記事

登録会=バイトを紹介してもらうためのステップ

面接は、実際に働くバイト先の担当者が行ってくれるのが通常。一方、登録会の多くは、応募者にバイトを紹介してくれる派遣会社が行っています。
経歴・スキルやスケジュールの希望を把握し、条件に合ったバイト先を提供してくれるところが、アルバイターにとって派遣会社の役割です。 

準備していくものは面接とほぼ同じでOK

登録会では履歴書不要と要項に書かれていることも多く、インターネットで事前にプロフィール登録を済ませておくようなシステムを取っている会社も。ただ、履歴書のコピーなどを持参すると便利です。
現地で専用の登録用紙に学歴・職歴はじめ、履歴書に近い内容を記入することもしばしば。また、バイトを紹介するにあたって派遣システムなどの説明を受けたあと、個別に派遣会社の担当者と面談になるケースが多々あります。その際にも、自分のプロフィールをまとめたものが手元にあると安心です。
また、その場で具体的な予定の話に進むことも少なくないため、手帳やスケジュール管理アプリを準備していきましょう! そのほか、筆記用具、本人確認書類などの持参が必要なのは、面接と同じです。

登録完了=バイトに採用……ではない?!

登録会が持つ最大の特徴は、バイト先へ派遣してもらうためのステップであって、登録完了が採用を意味するわけではないところ。登録が決まって、お仕事が紹介され、応募者がそれを受けてはじめて、実際のバイトに結びつきます。

思わぬバイトの紹介も!? 派遣バイトならではの特徴

求人情報に出ていたバイトに応募が殺到した場合、派遣会社での選考の結果、今回は残念ながら選ばれなかったというケースも。
通常のバイト面接なら、ここで切り替えてまた別のバイトをイチから探す……ということになるわけですが、派遣バイトの強みは、そこで別のバイト先を紹介してもらえるケースもある、ということ。
大切なのは、勤務地・給与・仕事の内容・待遇など条件によく注意し、このバイトも自分の希望に合っているかどうかよく確認して話を進めること。場合によっては、当初イメージしていたバイト先よりもさらに条件の合った勤務先にたどり着けることだってあります。

まとめ   

実際のバイト先の方による面接とは違い、派遣会社のスタッフと向かい合って面談することになる登録会。ですが、バイト先に誰を派遣するかを選ぶのは派遣会社。面接と同じようにマナーと礼儀を守り、好印象を与えることが大切です。

【面接お役立ち記事】
社員・転職の面接ノウハウまとめ
社員・転職の面接マナーまとめ(受付・入退室・服装・Webの面接対策など)
【面接対策】面接でよくある質問まとめ(社員編)
バイト面接のマナー(服装・髪型・時間)と良く聞かれる質問・回答例
【アルバイト・パート】面接でよくある質問・答え方まとめ【年代・職業別】
Web面接のコツ・ポイントまとめ!マナー・服装・カンペ・イヤホンなど解説!

バイトルに会員登録して
自分にピッタリのバイトを選びましょう!

カテゴリ一覧