2017.03.14

バイトが続かない人の事例と対策7選!

塾講師のバイトに応募!面接を乗り切る秘策まとめ

アルバイトを始めたときはやる気に満ちていたのに、気がつけばアルバイトをすぐに辞めてしまう、そんな人には共通点があるといえます。アルバイトへの考え方とコミュニケーション能力、主にこの2点のいずれかで問題を抱えている場合が多いのです。
具体的にどんなことを注意すれば、アルバイトに打ち込めるようになるのでしょうか。
ここではアルバイトが続かない人にありがちな傾向と自分を変えるために必要な対策について詳しくまとめていきます。

 

選び方がわからないときは?

アルバイトの選び方が適当過ぎる人は、始めてすぐに「思っていた内容と違う」と感じ、辞めてしまうのではないでしょうか。確かにアルバイトや仕事には興味を持てるものとそうでないものがあります。自分がやりがいを持って働けるアルバイトでなければ、モチベーションが高まらないものです。
そこで、アルバイトを選ぶ際には労働条件だけではなく、仕事内容もしっかりと見極めましょう。そして、自分がやりたい内容と照らし合わせることが肝心です。自分が過去、どんなことをしていているときに楽しいと思っていたのか振り返り、自分の適正を見つめなおしましょう。長続きした部活や習い事などを参考にしてみるのも一つの方法です。的確な自己分析を経て、自分自身が分かってくると、自分に合ったアルバイトが見つかりやすくなります。合った職種なら、続かないですぐ辞める事態を防げるでしょう。

 

お金ことを一番に考えてしまうと

時給はアルバイトを選ぶ際の重要なポイントです。どんなに楽しいアルバイトでも時給が安すぎては長続きしないのではないでしょうか。
しかし、お金だけを目的にしてアルバイトを始めてしまうと、些細なきっかけでモチベーションが維持できなくなることがあります。スタッフやお客さんに怒られても、仕事内容にやりがいがあれば「もっと成長しよう」と前向きに捉えられますが、時給だけをモチベーションにしていると心が折れてしまうこともあるでしょう。
アルバイトの募集要項を見るときには、時給だけではなく仕事内容もしっかり吟味することがおすすめです。そして、アルバイトを始めてからもお金以外の目標を探しましょう。たとえばスキルアップなどを目標に設定すると、自然にやる気がわいてくるようになります。少しの困難にもへこたれない、強い意志でアルバイトを頑張ることができるのです。

 

合わない仕事に我慢できない

アルバイトを始めてみると、自分に合わない仕事を任せられることがあります。たとえば「自分は接客が好きなのに細かい作業ばかり任せられる」などの状況です。頻繁に合わない仕事を続けていくと、やがて不満がたまりアルバイトを辞めたいと思うようになる人もいるでしょう。
しかし、仕事が合わないからといってすぐに辞めてしまうのはおすすめできない方法です。あらゆるアルバイトに「合わない仕事」を任せられる瞬間は訪れますし、そのたびにモチベーションを失っていたのでは辞めることが癖になってしまいます。合わない仕事は、自分に足りないスキルを磨く場として受け入れてみましょう。
最初は合わないと感じていた仕事も、上達するにつれて楽しくなっていくこともありえます。合わない仕事は自分を成長させてくれるタイミングとして、前向きに捉えてみてはどうでしょうか。

 

友達を作りたいけれどどうしたらいいの?

アルバイト先で友達ができないのは、多くの人にとって悩みの種になります。特に内向的な性格の人であれば、心の中ではみんなと打ち解けたいと願っていても、口に出すことができずにジレンマを抱えてしまうようです。ときにはそれが原因でアルバイトを辞めてしまう人もいるでしょう。
そんなときは、いっそのことコミュニケーションの機会が少ないアルバイトを始めるのも一つの方法です。新聞配達、工場のライン作業など一人で淡々と行うタイプの仕事であれば、あまり人と話さないので悩みの種を解消することが可能です。ただし、どんなアルバイトでも全く人と話さなくて済むことはないので、コミュニケーション能力を磨く意識を持つことも大事です。
挨拶は自分からする、話しかけられたときは笑顔で返すなどのできることから始めていくと、徐々にコミュニケーションが苦痛ではなくなっていくのではないでしょうか。

 

休みのとり方のコツは?

アルバイトを続けていると「なんとなく今日は休みたいな」と理由もなく感じてしまうことがあります。それ自体は自然なことですし、周りへのフォローさえ怠らなければ休暇を取ることも悪くはありません。ただし、中には「休みたい」とはっきり口にできずストレスを抱えてしまう人もいます。最終的に無断欠勤などの形でストレスを爆発させてしまい、職場にいづらくなって辞めてしまうパターンもありえます。
心当たりがある人は、アルバイトを始める際に「毎週、この曜日は必ず休もう」とスケジュールを組んでみてはどうでしょうか。定期的に休みがある状況下なら、少し心が疲れても「次の休みまでは頑張ろう」と思えます。オンとオフをはっきりさせることで仕事にも精が出るという、好循環を生み出すこともできます。「休みたい」と言い出せない人ほど、あらかじめ休みの日を定めてしまうことがおすすめです。

 

社員やバイト仲間に質問してみよう

「分からないことはなんでも聞いて」、アルバイトを始めたてのころ、社員や先輩アルバイトからそのように声をかけてもらった覚えがないでしょうか。それは決してお愛想で言っているわけではなく、質問をしてノウハウを身につけていくことが成長のためには不可欠だからです。しかし、内向的すぎる人、プライドが高すぎる人ほど質問をしようとせず、単純なミスを繰り返して仲間内で孤立してしまう傾向があります。居心地が悪くてアルバイトが長く続かない人もいるでしょう。
アルバイトとはお金をもらいながらスキルを磨けるまたとないチャンスです。積極的に質問をしなければ損だと解釈してみてはどうでしょうか。
また、質問にはコミュニケーションの意味もあります。先輩に話しかけることで自分のやる気や相手へのリスペクトをアピールでき、自然と仲間の一員だと認められる効果も存在するのです。

 

自分を必要以上によく見せる必要はない

誰もが自分をよく見られたいという願望を持っています。アルバイト先でも例外ではなく、早く仕事を覚えなければ周囲に認められないと焦る人もいるのではないでしょうか。それでやる気になるのはいいことなのですが、自分をよく見せようとするがあまり、身の丈に合わない行動を取って周囲に迷惑をかけてしまう場面もあります。アルバイトが長く続かない人は、自分を偽ることに無理が生じているケースも考えられます。 まず、自然体の自分でも周囲は受け入れてくれると自信を持つことが大切です。むしろ、仲間とのコミュニケーションにおいては、知ったかぶりをする人よりも素直な人のほうが好かれる傾向があります。経験が浅くても、謙虚に成長する気持ちがあれば、仲間はあなたを認めてくれるでしょう。アルバイト先では自分を曝け出す勇気を持ってぶつかっていくことがおすすめです。

 

まとめ

アルバイトが続かないと悩んでいる人は、どこかで自分を大きく変える必要性があります。そのためには、自分の傾向を知ることが大切だといえるでしょう。自分のミスに向き合うことは恥ずかしいし、勇気がいる作業です。
しかし、続かないアルバイトを繰り返さないためにも具体的な原因を思い返し、反省しましょう。素直に自分の失敗を認められるだけでも進歩です。後は、思いあたる言動を二度としないように心がけ、全力でアルバイトに励むと長続きするのではないでしょうか。

この記事が役に立ったらいいね!してください

カテゴリ一覧