人気アーティストにインタビュー!96猫 が登場!│求人情報ならアルバイト・パートのバイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

チュ~モクARTIST LOCK ON - 96猫

応募はこちら!

応募はこちら!

大人気アーティストをゲストに迎えて、その素顔に迫るスペシャル企画。今回は、Twitterのフォロワー数は130万人を超え、七色の歌声を使い分ける超人気女性シンガー、96猫(くろねこ)さんがゲストに登場!高校生時代のプライベートからアルバイトのマル秘話まで、赤裸々に語っていただきました!

96猫さん

Profile

高校生の時から動画投稿サイト(ニコニコ動画)で歌い手として活動スタート。中性的な歌声と、色っぽい女性の声から少年の声を持ち合わせており、多くのリスナーを惹きつける。2016年のメジャーデビュー後も動画投稿や生放送を行っており、オンライン・オフラインの垣根を超えて精力的に活動している。

96猫CD

ニューシングル「HEY HEY ~Light Me Up~」2018.2.28 Release!
90 年代ユーロビートの名曲『HEY HEY / Vanessa』をカバー!
キャッチーなサウンドはもちろん、再生回数 4,000万回超え、2017年後半世間を魅了した『バブリーダンス』動画で有名な大阪・登美丘高校ダンス部の振付師 akane が初めてアーティストに手がけたインパクト 120% の高速ワイパーダンスは必見!

96猫さんが高校生の頃に熱中していた意外な遊びって?

――今回は動画共有サイトでも大人気の女性シンガー、96猫さんに来ていただきましたー!はじめまして!

96猫:初めましてこんにちはー!よろしくお願いします!

――さっそくですが、96猫さんが高校生の頃にハマっていたことってありますか?

96猫:アニメですね!今も昔もそうなんですけど(笑)。

――推しアニメとかありましたか?

96猫:推しアニメ……。あ、「BLEACH」とかめっちゃ好きで、ショップに通いつめてました。

――その頃から声真似とか1人何役もとか……。

96猫:してましたね~!寂しい遊びしてました(笑)。

――他にハマっていたことってありましたか?

96猫:ゲームもすごく好きでした!その頃トランプの「大富豪」にすごいハマってて。学校で友達とやるんですけど、家でも1人でずっと練習するっていう……。

――1人でですか!?

96猫:全く勝てなかったんですよ!「大富豪の必勝法!」みたいな本があるんですけど、それを親に「買って買って買って!」って駄々こねて買ってもらって、読みながら練習してましたね。

――大富豪の本があるなんて初めて知りました!それでリベンジはできましたか?

96猫:いや、結局毎回カードも変わるし勝てないまんまで……。「なんだよこのゲーム!」って逆ギレ気味になって終わりました。今でも大富豪は嫌いなままです(笑)。

些細なきっかけで行きつけのお店がアルバイト先に!

――96猫さんのアルバイトの話も聞いてみたいと思います!高校生の頃にどんなアルバイトしていましたか?

96猫:喫茶店で食器洗いとか接客とかしてました!

――その喫茶店ってどんなお店でしたか?

96猫:おじいちゃんおばあちゃんがやってる喫茶店で、母と学校に行く前にモーニングを食べによく通っていたところでした。

――行きつけのお店だったんですね!「アルバイトしたい!」と思った時にそこのお店に96猫さんから応募されたんですか?

96猫:実は当時アニメグッズとかが欲しくて、その喫茶店で母に「どうやったら稼げるのかな~」って相談してた時に、おじいちゃんから「うちで働きなよ!」って言われて(笑)。「いいんですか!?」ってなって、ほとんどノリで働きはじめました。

――じゃあ気心知れた仲で働けて、いい環境ですね!お客さんとかもお知り合いの方とか多そうですよね。

96猫:いましたね。「あ、よく会う人や!」っていうこともちょくちょくありました。

――アルバイトするようになって、食器洗いとかも早くなりました?

96猫:……いえ、全く(笑)。

――(笑)。ちなみに職場環境はどうでしたか?

96猫:アットホームだしすごいよかったんですけど、少しだけ問題がおきまして……。バイト先に同じ学校の先輩も働いていたんですよ。当時すでに96猫の名義で活動していて、ある日その先輩が「こいつネット上で96猫って名前で活動してるんですよ!」ってお店の中でバラしちゃって。先輩がネットの活動とかポロポロ言うから「おいおいやめろやめろー!」と……。でもおじいちゃんのお孫さんが実はファンだったことが分かって、その子にサイン書いてあげたりしました。

――結果丸く収まりましたね(笑)。

96猫:でも大変でした(笑)。

96猫さん

アルバイト中に楽しかったことって?

――アルバイトで楽しかった思い出とかありましたか?

96猫:給料日です!っていうのも、個人で経営しているお店だったので、チェーン店と違って手渡しでもらっていたんですよ。ドキドキでしたね。封筒の中とか透かして見てましたよ、「何枚入ってるかなー」って(笑)。

――今回枚数多いけど1000円札混じってるかも!とかですよね!

96猫:ありましたねー!

――手渡しもそうですけど、チェーン店じゃないからこその距離の近さがあっていいですね!ほかにやりがいを感じた瞬間とかはありましたか?

96猫:褒められた時ですね。アルバイト始めた時に、どこまで準備すればいいのかわからなくて、掃除をする時のふきんとかを持参していたんですよ。

――お店の備品を使うんじゃなくて、自分で全部用意して仕事しないといけないんだ、みたいな。

96猫:そうですそうです!掃除道具全部用意してからアルバイトに行ってました。食器洗う時もゴム手袋自分で用意して、とかしてたんで。それを見られて、「言ってくれたら用意したのにー!でも気を使ってくれてありがとうね」って褒められた時は嬉しかったです。その月はお給料がちょっとあがりましたし(笑)。

――わからないことをすぐ聞くのも大切ですけど、自分なりに工夫して仕事ができるように事前に用意するっていうのも大切ですよね。今の96猫さんの活躍にも繋がってるんじゃないかなって感じますね。

96猫:こういうところで繋がっちゃうんですかね(笑)。

下調べをして望んだ初めての面接……結果は?

96猫:喫茶店のアルバイトの時は面接もなくて、アットホームな場所だったのでよかったんですけど、そのあとコンビニのアルバイトを始めるようになって。

――コンビニのアルバイトは自分で応募されたんですか?

96猫:そうですね。お店で見て電話で応募しました。「お忙しいところすみません」ってところから(笑)。

――ちゃんと前置きからですね!どういうところが不安でした?

96猫:受かるか受からないかが一番不安でしたね。しかも初面接だったんで、ネットで「面接で合格する方法」みたいなサイトを見て予習してました。大富豪に通じるところがあるかもです(笑)。その時に「目を見て話すだけで印象が変わります」っていうのが書かれてて記憶に残ってます。

――今も結構目が合うんですよね。

96猫:……これって、恋ですかね?

――マイク越しに合う目で、恋が始まる、みたいな(笑)。でもそれが、一生懸命伝えようとしてくれるんだなっていう意志が店長にも伝わったんでしょうね。私からも合格です!(笑)

96猫:ありがとうございます!(笑)

96猫さん

多数の応募から選ばれたドリームバイトのインタビュースタート!

――ここでバイトルがプロデュースする夢のようなバイト実現プロジェクト「ドリームバイト企画」より、多数の応募の中から見事選ばれた、鈴木 拓也(すずき たくや)さんにお越しいただいてます!鈴木さんどうぞ~!

鈴木:初めまして!よろしくお願いします。

――それでは自己紹介をお願いします!

鈴木:鈴木拓也、大学4年生です。

――それでは鈴木さん、今日は96猫さんにどんな質問がありますか?

鈴木:僕自身、中高生時代に96猫さんの動画をたくさん見てまして、可愛い声からイケボ(イケメンボイス)までいろんな声を使い分けて歌っているのをすごいなーと思って見ていました。実は、3月に大学卒業してからは声優の養成所に通いたいなと思っていて……。なので、声の使い分けのコツとかを知りたいです!

96猫:使い分け……よく聞かれるんですけど、私自身もわかってなくて……(笑)。

――最初からある程度できていたんですか?

96猫:そうですね、道端のティッシュ配りのお姉さんとかアパレルの店員さんとか、人の真似をするのが昔からすごい好きで。それこそ、アパレルの方とかみんなどうして同じ喋り方なんだろうって思ったりとか。

――「いらっしゃいませー!」って高い独特のアレですよね!

96猫:そうそうそれです!(笑)なんでこのイントネーションなんだろう、とか思ってよく練習してました。それがきっかけなのかな?それこそ声真似とかする人は、最初声よりも雰囲気とかから入ると思います。そこから自分のアレンジとか加える人が多いですね。

――役者さんの役作りにも近いですよね。

96猫:ちなみに、鈴木さんはいろんな声を使いたいと思ってるんですか?

鈴木:そうですね、僕は声が低いんですけど、高い声を使う役もできるようになりたいと思ってます。

96猫:高い声……ロリ声とか?(笑)

一同:(笑)

96猫:演技の時に恥ずかしさとかってありますか?

鈴木:少し、まだ……。

96猫:その恥ずかしさを捨てられるといいかも!最初は難しいかもしれないけど。

――96猫さんは最初恥ずかしい時期とかありましたか?

96猫:実はなかったんですよ!友達と普段からそういうノリで、声真似とかするのが当たり前だと思って育ってきていました。でも、歌う時にキャラクターになりきるとかは大丈夫ですけど、演技をするときは多少の恥ずかしさはありますね。

――そういう時に克服するコツとかありますか?

96猫:とりあえず何度も何度もセリフを読んで「自分はこのキャラクターだ」って言い聞かせます。あとは「みんなこうして練習してるし、みんな最初は恥ずかしい」って思うといけると思います!……アドバイスになったかな(笑)。

鈴木:バッチリです、ありがとうございます!

――いいアドバイスがもらえましたね!他に聞きたいこととかありましたか?

鈴木:小さな質問なんですが、96猫さんって疲れた時のリフレッシュは何をしていますか?

96猫:息抜きは……寝ます!(笑) あとはゲームして、生放送するのも私にとっては息抜きですね。配信してみんなとたわいない話をして……友達と会って喋る感覚に近いです。だから愚痴とかも話したり。「今日野菜がまた値上がりしてたわ」とか(笑)。

――本当に普通の会話ですね(笑)。鈴木さんはリフレッシュするする方法ってありますか?

鈴木:僕も、ゲームして、寝て……って感じですね。

96猫:気が合いますね!そしたら一緒にゲームしましょう!(笑)

鈴木:したいです!(笑)

――時間があっという間にすぎてしまいましたが、鈴木さん今日どうでしたか?

鈴木:楽しかったし、タメになりましたし……

96猫:本当に!?こんなんでタメになった?(笑)

鈴木:なりました!というか頑張ってタメにします!(笑)

――質問しただけでも前向きになるエネルギーももらえますもんね!

鈴木:そうですね!ありがとうございました!

96猫:頑張ってください!

悩んでいることも、なるようになる!

――色々お話いただいた96猫さんですが、4月25日リリースされるニューシングル「フィロソフィーエッグ」がリリースされますね!こちらどんな曲になっていますか?

96猫:作曲が同じ動画共有サイト出身の作曲家のヒャダインさんに曲を書いていただいて、作詞はなんと、ぐでたまちゃんご本人に書いてもらった曲です!ぐでたまちゃん5周年記念ソングになるんですけど、ぐでたまちゃんらしくやる気が感じられないグダーッとした可愛い曲になってますのでぜひ聞いてください!

――ありがとうございます!それでは最後に96猫さんから全国の高校生のみなさんにメッセージをお願いします!

96猫:高校生って人間関係とかすごく嫌な時期ですよ!周りの子に合わせて化粧覚えたりとか、「むっちゃ好きやけど振り向いてくれるかわからへん~!」とか(笑)。みんないろんな悩みを抱えてるかと思いますが、それは大人になっても同じです。人間関係というのは大人になってもついてきます!なので、なるようになる!自分らしく!生きていってください!頑張ってください!

――前向きな言葉いただきました!それでは96猫さんありがとうございましたー!

96猫:楽しい高校生活を!バイバイトル~!

96猫さんにとってアルバイトとは?

  • 96猫さんにとってアルバイトとは?

直筆サイン入りポスター(3名様)

※メニュータブは、アプリ起動後画面の左上 「横の三本線」をタップするとでてくるよ!

<応募方法>
①バイトルのアプリをダウンロード
②コンテンツのフッターメニューをタップ
お知らせをタップ!
③「特集」タブをタップして、赤枠のバナーをクリックしよう!
応募メニューへGO!
  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

インタビュアー
バイトル BOMS記事担当者
  • 瀬戸真矢
  • シンガーソングライターの一面を持つラジオDJ。 独自の音楽理論と自身の人生をさらけ出すスタイルがリスナーに安心感と共感を生んでいる。
    ※TOKYO FM 80.0MHZ「J-BREAK selected by TS ONE」に出演中。

バイト求人探すならバイトル