chay - チュ~モクARTIST

応募はこちら!

今注目の大人気アーティストをゲストに迎えてその素顔に迫るスペシャル企画「チュ~モクARTIST LOCK ON」。今回のゲストは、雑誌「CanCam」の専属モデルとしても活躍されているシンガーソングライター「chay」さん!アルバイトをしていたころの思い出や新曲への想い、ドリームバイトで選ばれたファンの子からの質問までたっぷりとお答えいただきました!

chay

Profile

1990年10月23日生まれ。幼少のころから歌手を目指し、小学生の時にはピアノで曲を作り始める。大学に入学すると同時にギターを始め、路上ライブなど本格的に音楽活動を始める。2012年10月、“ロッテガーナミルクチョコレート”CM ソング「はじめての気持ち」でワーナーミュージック・ジャパンよりCDデビュー。2013年から2014年にはフジテレビ系「テラスハウス」(毎週月曜23時O.A.)に出演し、各方面で話題に。その後リリースされた曲もドラマやCMとタイアップし、50万ダウンロードを超える大ヒットを記録。歌声とcuteな容姿のギャップに、今も多くのファンの心を掴んでいる。
前作「chayTEA」から約2年5ヶ月ぶりとなる11月13日(水)に、3枚目のフルアルバム「Lavender」(読み:ラベンダー)の発売が決定!
アルバムのプロデュースに、武部聡志を迎え、バラエティに富んだ全14曲を収録。その中でも収録曲全体にchayが見出した共通のテーマが、“少し大人になった私たちの心の中にあるもの”であった。今回は、“繊細”“疑い”“期待”そして、“許し合う愛”など、収録曲のテーマに沿った花言葉を持つ“ラベンダー”をタイトルに使用。

chayさんの学生時代はかなりアクティブ?

――今回のゲストはシンガーソングライターの「chay」さんです!初めましてー!

chay初めましてー!よろしくお願いします!

chay

――よろしくお願いします!まずはこの番組が全国の高校生に聞いてもらっているということで、chayさんが学生のころにハマっていたことを教えてください!

chay中学のころのお話なんですけど、当時陸上部に所属していて熱中していましたね。結構ガチでやっていて、走り幅跳びは都大会までは行きました!

――すごいですね!他には何かありましたか?

chayあとはガールズバンドもやってました!文化祭とかでお披露目してましたね。

――結構アクティブだったんですね!

chayそうですね、どれも楽しかったです!

一番印象に残っているアルバイトはカフェのウェイター!

――chayさんはアルバイトはしていましたか?

chayしていました!原宿のカフェでウェイターとして働いていました。1年半くらいかな?

――きっかけって何かありましたか?

chay自分の好きな雑誌に載っていたカフェで、おしゃれで素敵だなーと思って応募しました!

――当時から雑誌読むのも好きだったんですね!アルバイトでの思い出って何かありましたか?

chayまかないです(笑)。すごく美味しかったんですよ!作り方を聞いて自分でもよく作っていました。

――すごい!アルバイト内で料理もすることもありました?

chayいや、アルバイト中は注文を受けたりできたものを運ぶだけでした。でも、料理は好きなので興味しんしんでしたね(笑)。あと、まかないで出てくるものってメニューにはなくてまかないじゃないと食べられなかったんですよ。それが絶品でした!

――chayさんの中でのイチオシを教えてください!

chay明太子クリームなんちゃらパスタみたいな……(笑)。色々入っていたんですけど、それが絶妙に絡み合ってすごく美味しかったです。

chay

――気になっちゃいますね!メニューはイタリアン系が多めでしたか?

chay創作系でしたね。イタリアン以外もありましたよ!あと、当時「モッフル」っていう、お餅をワッフルの形に焼いて黒蜜とかをかけるのが流行ってて、すごく人気でした。

――美味しそう!

chay当時モッフルで有名になったのもあって、行列とかもできてました。今思うとかなり忙しかったです(笑)。

――人気店だと大変そうですね……!毎日忙しかったと思うんですけど、その中でやりがいを感じた瞬間ってありましたか?

chayやっぱりお客さんの笑顔が見れた時ですね。

あと、忙しかったからこそ、お客さんからふと「ありがとう」って言われるとすごく元気が出ました。

 

――感謝されるとやっぱり気持ちいいですよね。

chayそうですね。これは今も変わってなくて、曲作りをしていると煮詰まったり焦る時もあるんですよ。そんな中で「chayちゃんありがとう」って言葉をもらったりライブでみんなの笑顔を見たりすると、すごく勇気づけられるし頑張る原動力になりますね。

アルバイト時代は失敗だらけ!?chayさんの意外な一面

――バイト内で失敗したこととか落ち込んだこととかってありましたか?

chayたくさんありますよ!バイト中とか本当に失敗だらけでした!(笑)

――本当ですか!?

chay今思うと大変申し訳ないです……。お皿も割ったし、会計の計算を間違えたこともあったし……。一番忘れられないのは、抹茶ラテをお客さんに運ぶ時に、つまずいちゃって漫画みたいにお客さんにかけちゃったことです。でもそういう失敗が「次はやらないぞ」って反省につながるので、今思うと大事だったのかなって思います。でも人に迷惑はかけちゃいけないですね(笑)。

――今のchayさんからは想像もつかないですね……!

chayいやいや普通の人間ですから!失敗なんていくらでもするし、その失敗を糧に成長していくんだと思います。

chay

――勝手に親近感が湧いちゃいました!職場環境はどうでしたか?

chayよかったですよ!先輩もオーナーもみなさん優しい方で、教えてもらう時も丁寧にわかりやすく教えてもらったので、さっき話したみたいに自分が迷惑をかけていることに悩んでいたくらいです。人間関係で悩むことはなかったですね。

――一緒に働いていた人たちは年上の人たちが多かったんですか?

chay私が一番下ですけど、そんなに離れてなくてみんな20代前半くらいでした。

――歳が近いと働きやすいですよね!でも年下だと気をつかう場面も多かったと思いますが、うまく立ち回るコツは何かありましたか?

chayそうですね……。同じ仕事場の仲間だからこそ、距離感を適度に保っていた方がいいかなとは思いました。仲良くなることもすごく大事だと思うんですけど、私はあまり深入りしないでうまい距離感で接していました。

――関わりが深くなると、それが揉め事につながることもありますよね。

chayそうなんですよ、無理に深入りしたり距離感詰めすぎたりすると、かえって悩みが増えちゃうので……。ほどよい距離感だけど頼りあえる仲間として関係を築くことが一番いいと思います。

――高校生のころとかどうしても「仲良くしなくちゃ!」って思い込んじゃうことも多いじゃないですか。それで悩んでる人たちにとってはすごく勇気づけられたアドバイスだと思います!

ずっとファンだった子からドリームバイトインタビュー!

――さて、ここからはバイトルがプロデュースする夢のようなバイト実現プロジェクト「ドリームバイト」企画より、多数の応募の中から見事当選した山崎知世(やまざきちせ)さんが現場に来てくれています!どうぞー!

chayよろしくお願いしますー!

山崎よろしくお願いします!

――それでは自己紹介をどうぞ!

山崎山崎知世、19歳の大学1年生です!

――今日に向けての意気込みもびっしりと書いてきてくれて、本当に大ファンだそうです!ちなみに山崎さんがchayさんを知ったきっかけってなんでしたか?

山崎中学2年生の時にテレビ番組で見かけて、それ以来ずっと好きになって応援してます!

chay

chay嬉しい!テレビ出ておいてよかった!(笑)

――それでは質問をいくつか考えてきたそうなので、まずは1つ目の質問をお願いします!

山崎スタイルブックを今度出されると思うんですけど、制作する中で大変だったことってなんでしたか?

chay大変なことだらけでした!本当に自分が愛用しているコスメとか、本当にいいと思ったコスメだけを本にまとめてるんですけど、載せるコスメを厳選するだけでも大変でした。企画からページ構成まで1から任せてもらえたのもあって、大変なことしかなかった(笑)。でも自分としても満足のいく1冊になったので、ぜひ参考にしてほしいです!

――これは期待しちゃいますね!それでは続いての質問はなんでしょうか?

山崎chayさんのストレスを発散する方法を知りたいです!

chay一番は愛犬、プードルの小次郎様です(笑)。どんなに疲れて帰ってきても、いつも同じテンションで出迎えてくれるので、見てるだけで癒されます!悩んでたことがバカバカしくなるくらい癒されるので救われてます。

――動物って見てるだけで癒されちゃいますよね!山崎さんはペットは飼ってますか?

山崎私もチワワを飼ってます!

chayおー!チワワも可愛いですよね!

山崎本当に可愛いです(笑)。

――ちょっとした共通点が見つかりましたね!他にストレス発散する方法ってありますか?

chay幼稚園のころからの親友が2人いて、その子たちと喋りまくります!職業柄、感覚が同世代の人とずれそうになる時があるんですけど、そういう時は指摘もしてもらって悩みとかも全部話して、最後には笑い話をして……。そのおかげでメンタルもいい感じに保っています。

――なんでも話し合える相手って大切ですよね。ありがとうございます!それでは最後の質問をどうぞ!

山崎chayさんは小さい時ってどんな子供だったか知りたいです!

chayとにかく歌うのが好きな子供だったみたいです。幼稚園の帰りの会でも、誰よりも大きい声で歌う子でした。家でもブラシをマイクに見立てて歌ってたのを、自分でも覚えてるし周りからも言われます(笑)。

――山崎さんもアクティブな方ですか?

山崎はい、私も家でchayさんの歌とかよく歌ってます(笑)。

chay結構歌うの難しくないですか?

山崎音が高いので難しいです……。全然出ない(笑)。

chayカラオケで歌ったら思ったより高かったってよく言われます(笑)。

――高い音を歌い上げるコツってなんですか?

chayなんだろう……勢い?(笑)難しいと思うけどこれからもぜひ歌ってほしいです!

――ありがとうございました!山崎さんいかがでしたか?

山崎緊張したんですけど、すごくいい経験になりました!

chay嬉しい!19歳って私がギターを手にした頃だし、まだまだこれからなんにでもなれる可能性を秘めているので、夢に向かって頑張ってください!

――山崎さんありがとうございました!

漠然とした不安を抱えている人にこそ聞いてほしい。新アルバム「Lavender」

――さて、色々お話いただきましたが、11月13日に発売されるアルバム「Lavender」についてもお話を聞かせてください!こちらはどんなアルバムになっていますか?

chayすごくバラエティに富んだアルバムだと思います。ここ最近シングルでリリースされた曲とか、前作から2年5ヶ月の間したためていた曲とか、このアルバムに書き下ろした曲とか。でもその中で1つだけ共通点があって。20代後半の女性ならではの漠然とした焦りや迷い、不安のような思いが見える曲ばかりなんです。決して意図して書いたわけじゃないんですけどね。そのテーマが、同じように悩んでいる人たちに見えるタイトルにしたかったんですけど、マイナスイメージな言葉は使いたくなかったんです。その中で思い浮かんだのが「ラベンダー」でした。

chay

――確かに花のイメージと合いますね。

chayラベンダーの花言葉って、期待、繊細、疑い、優美、許し合う愛、って色々あるんですけど、今の自分の気持ちとリンクしているし、紫も気品があって好きなのでそのままタイトルとして使いました。

――20代の方はもちろん、高校生でも同じように悩みを抱えた人ってたくさんいそうですよね。

chayそうだと思います。年代や男女も問わず、こういった悩みを持つことはあると思います。なので自分の思いと重ね合わせて聴いてほしいです!

――そしてこのアルバムのリード曲「砂漠の花」、この曲についても詳しく教えてください!

chayこの曲は男女がすれ違う切ない気持ちを、本来咲かない砂漠に咲く花に例えて歌いました。曲調も今までのchayにはないチャレンジングな曲になっているのでぜひ聴いてほしいです!

学生生活もアルバイトも全力で!

――それでは最後に全国の高校生に向けてメッセージをお願いします!

chay夢に向かってがむしゃらになることができる貴重な時間だと思うので、悔いのないように充実した高校生活を過ごしてください!そしてさっきもお話したんですけど、アルバイトは初めて責任を感じることができる場所だと思います。社会に出ることは甘いことじゃないし、辛い思いもするかもしれません。でも、いろんな体験もできて社会的な常識も学べる、社会への第一歩がアルバイトです。ぜひアルバイトしながら夢に向かって頑張ってください!

――ありがとうございました!バイバイトル~!

chay楽しい高校生活を!バイバイトル~!

skream

chayにとってアルバイトとは?

  • chayにとってアルバイトとは?

直筆サイン&メッセージ入りチェキ 3名様

※メニュータブは、アプリ起動後画面の左上 「横の三本線」をタップするとでてくるよ!

<応募方法>
①バイトルのアプリをダウンロード
②コンテンツのフッターメニューをタップ
お知らせをタップ!
③「特集」タブをタップして、赤枠のバナーをクリックしよう!
応募メニューへGO!
  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

インタビュアー
  • 高木マーガレット
  • アメリカで生まれ育った日英バイリンガルで、抜群の表現力を持つラジオDJ。 常に周囲を明るくするポジティブオーラが魅力のタレント。

カテゴリ一覧