人気アーティストにインタビュー!lolが登場!│求人情報ならアルバイト・パートのバイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

チュ~モクARTIST LOCK ON - lol

注目アーティストの素顔に迫るスペシャルコンテンツ!今月号のゲストは、avex trax発の男女混成5人組パフォーマンスグループ・lol(エルオーエル)が登場☆ 今、中高生に大人気の彼らが、高校時代&アルバイトのエピソード、新曲『bye bye』のことなど、セキララに語ってくれました!

Profile

写真左から、hibiki、honoka、佐藤友祐、moca、小見山直人。2014年に結成したグループで、全員がダンスとボーカルを担当。SNSを中心に話題となり、デビュー前からiTunesアルバム総合ランキングで1位を獲得。メジャーデビューを果たした2015年には「第57回 輝く!日本レコード大賞 新人賞」を受賞し、大きな話題に。

4thシングル『bye bye』 12.14.Release!
“寂しいけど、もう二度と一緒には戻らない”という強い意志を持った、lol流失恋ソング。
DVDには『bye bye』のMusic Videoに加え、5月4日に行われたワンマンライブから、 ライブでの人気曲『gimme gimme』のLIVE VIDEOを収録!
[CD]¥1,080(tax in) [CD+DVD]¥1,944(tax in) avex trax

高校時代、メンバーの中で唯一、運動オンチだったのは…!?

――まずは、みなさんがどんな高校生だったのかを伺いたいと思いますが…。

友祐:実は僕たち、年齢非公開で活動しているので、これから高校生になるのか、いま高校生なのか、高校生だったのか……はさておき(笑)。お答えさせていただきます!

――なるほど。“ミステリアスボーイズ&ガールズ”ということでいきましょうか!(笑)

一同:お願いします!

――では、みなさんが高校時代に夢中になっていたことは?

hibiki:購買のパンです!

honoka:私も!大好きだった!

直人:開店時間になったら走る…みたいな?

hibiki:そうそう!開店時間に行くと、めっちゃ種類があるから。それを買って、お昼休みの前、昼ごはんの後、部活の前に食べてたの。

honoka:めっちゃ食べてるやん!

hibiki:あはは、今でもめっちゃ食べるけどね。

直人:僕は学生時代、部活ばっかり。何歳の時かは濁しますけど(笑)、野球部と陸上部に入ってました。部活帰りに友達とコンビニに寄って、しゃべってから帰ることが多かったですね。すぐ帰るのが寂しくて(笑)。

moca:わかるー!

――勉強の方はどうでしょう?得意科目とか?

hibiki:体育ですね!

直人:体育はセコイなー!

――みなさん、ダンスをされているので、体育は得意だったんじゃないです?

友祐:そうですね。得意でした。

honoka:えー、私は苦手だったな。球技が全然ダメ。バスケでドリブルをしていると、だんだん手の位置が下がってきちゃって……。

直人:典型的な運動オンチだ!

honoka:パスをもらうと、がんばろうとはするんだけどね。足も遅いし、すぐにボールを取られちゃいました。

moca:雰囲気は運動部のキャプテンっぽいのにね。

honoka:体育の先生も最初はそう思うみたい。「運動神経いいと思ったのに」って、よくガッカリされたもんなぁ(笑)。

長時間のハードなレッスンは“欲”との闘い!

――lolさんは昨年デビューされたわけですが、きっかけは何だったんでしょう?

直人:全国各地で開催されたオーディションですね。hibikiが名古屋、honokaが京都、友祐が札幌、mocaと僕が大阪で、それぞれ別の場所でオーディションに合格して、lolが結成されました。

honoka:みんな、高校生の頃からそれぞれの地方のスクールに通っていて、ダンスや歌のレッスンを受けてたんです。

――関西圏が多いですね!どおりで関西弁が飛び交ってると思った!

moca:そうなんですよ。出ちゃってました?

――出ちゃってました(笑)。私も京都なんですよ。

一同:えーっ!

honoka:ホントですか?一緒だ!嬉しい!

――話が反れちゃいましたが(笑)、レッスンは1日何時間ぐらいするんですか?

友祐:結成当時からハードでしたけど、今もリハーサルを含めて、しっかりやってますよ。

直人:長い日は朝7時から夜10時まで、半日以上。とにかくお腹が空きます!体の疲れよりも、食欲とか睡眠欲との闘いが一番ツライです(笑)。

――ハードですね! 体力勝負な部分もあると思うんですけど、普段の生活で気を付けていることはあります?

直人:僕はジムに行っています。バランスよく食べるように、食生活も気を付けてますね。

moca:mocaはホットヨガに通っています。代謝が悪くて、あんまり汗をかかないんですよね。昨日も行ってきました!

友祐:じゃあ、今日は代謝抜群だね。……あれ、ちょっと汗が出てるんじゃない?

moca:えっ、ホント?

友祐:出てないか。残念(笑)。

一同:あはは。

moca:もう、からかわないでよ~!

友祐さんのイケメンすぎるアルバイトエピソードとは?

――ここで、メンバーを代表して友祐さんにアルバイトの思い出を聞いてみたいと思います。今まで印象に残っているアルバイトは?

友祐焼き肉屋さんです。そのお店で働いていた友達の紹介で、働き始めました。結局、友達は途中で辞めたので、代わりに僕を置いていった感じになっちゃいましたけど(笑)。お客さんのテーブルまでお肉を運ぶのがメインの仕事で、お肉を焼いたり、厨房でお皿を洗うこともありましたね。

――焼肉屋さんのアルバイトで、楽しかった思い出はなんでしょう?

友祐:月に一度の焼肉パーティー!社長さんとか、お店のお偉いさんたちが、僕たちアルバイトにお肉を食べさせてくれる日があったんです。人間関係をとても大切にする職場だったので、バイト仲間とも友達みたいに仲がよかったですね。

――素敵な職場ですね~。では、やりがいを感じた瞬間は?

友祐:お客さんに「ありがとう」と言われた時。あと、関係ないですけど、「カッコイイね」って言われると、嬉しかったです(笑)。

――え、バイト中に?そんなことあるの?

友祐:はい、ときどき。例えば、ご夫婦で来られているお客さんに「ハラミでございます」とお肉を運んだら、「ありがとう。お兄ちゃん、すごくカッコイイね」って、言われることがあったんですよ。

hibiki:すごーい!

友祐:僕と同世代の娘さんと来ていたお母さんに「うちの娘がカッコイイって言ってるんですよ~」と声を掛けられた時は、正直嬉しかったですね。

――えー!そんな風に言われたら意識しちゃいません?

友祐:意識しちゃいますけど、バイト中ですから。そこは店員として「ありがとうございます。失礼いたします」と、しっかり対応しました(笑)。

honoka:「失礼いたします」って(笑)。

――さすがですね。では、アルバイトをする前に不安だったことはありましたか?

友祐:面接がちゃんとできるか、ですね。もしかしたら、事務所のオーディションと同じぐらい緊張したかもしれないです。芸能界には、いろいろなタイプの人がいてもいいんだけど、アルバイトの面接となるとビシッとしなきゃダメだろうって。礼儀はちゃんとしようって、そこは気をつけました。

――なるほど。ちなみに、バイト内LOVEはありましたか?

友祐:バイト内で付き合っているカップルはいましたけど、僕はないです。告白したことも、されたこともなかったです。ただ、途中で「モデルをやってます」みたいな女の子が入っていて、自然と気になっちゃいましたね(笑)。

――同じ世界をめざす者同士?

友祐:そうです、そうです。結局なにもなかったですけど。

一同:へ~!

直人:ホントかな~?

友祐:ホントホント!

――あはは。では、今、もしアルバイトをするなら、やってみたいのは?

友祐:大自然の中のおしゃれなカフェ。"大自然"がポイントなんですよ。そこで、佇んでいたいです。

直人:働いてないじゃん(笑)。

友祐:働きながら、佇んでいたいです(笑)。

――ありがとうございます! lolさんは、12月に4枚目のシングル『bye bye』が発売になるんですよね。最後に、こちらの曲について教えてください。

hibiki:『bye bye』は、好きだった相手に自分から別れを伝えるという、失恋ソングです。とても寂しい歌詞なんですが、そこから前向きに、強い意志を持って前へ進もうとするポジティブな想いを込めています。みなさん、ぜひ聴いてください!

――本日は、ありがとうございました!

lolにとってアルバイトとは?

インタビュアー
バイトル BOMS記事担当者
  • 瀬戸真矢
  • シンガーソングライターの一面を持つラジオDJ。 独自の音楽理論と自身の人生をさらけ出すスタイルがリスナーに安心感と共感を生んでいる。
    ※TOKYO FM 80.0MHZ「東洋化成 アナログ・ガラパゴス」に出演中。

バイト求人探すならバイトル

-->