人気アーティストにインタビュー!M!LK が登場!│求人情報ならアルバイト・パートのバイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

チュ~モクARTIST LOCK ON - M!LK

応募はこちら!

応募はこちら!

大人気アーティストをゲストに迎えて、その素顔に迫るスペシャル企画。今回は、人気急上昇中の7人組ボーカル&ダンスユニット、「M!LK」から佐野勇斗さん、塩﨑太智さん、吉田仁人さんの3人がゲストに登場!いつもとはちょっと趣旨を変えて、やってみたいアルバイトやお仕事についてなど、3人にたくさん質問をしてみました!

M!LK

Profile

2014年11月結成。スターダストプロモーションに所属する板垣瑞生、佐野勇斗、塩﨑太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人、琉弥からなる業界大注目の7人組ボーカルダンスユニット。色々なものに混ざりやすく、様々な形状に変化することのできる“変幻自在“のユニットを目指し活動中。
シングル・アルバム合わせて7作品連続オリコンランキングTOP5入り、2018年春に開催された全国ホールツアーは全公演ソールドアウトするなど、その勢いから業界でも注目されている。

2ndアルバム「Time Capsule」2019.2.6.Release!
新メンバー3人を迎えて7人体制になってから初となるアルバム。オリコンウィークリーランキング2位を記録した最新シングル曲「Over The Storm」を含む14曲が収録されており、M!LKの「今、この瞬間」を収めた1枚になっている。
初回限定盤には豊洲PITで行われた「M!LK THE LIVE 2018 ~わちゃ² & cool これがM!LKっ~」のライブ映像と「Over The Storm」のMUSIC VIDEOが収録されたBlu-ray Discが同梱されている。

Q1.高校時代にハマっていたことは?

佐野:高校って僕からすると結構昔なんですけど……(笑)。

塩﨑:5~6年前?

佐野:そんなじゃない!(笑)3年くらいだよ!

塩﨑:最近じゃん(笑)。

佐野:ハマっていたというか、高校生になって昼食がお弁当に変わってから早弁はよくしてました。うちの高校は早弁OKだったので、毎日早弁してましたね。

――食べるのはいつも何時間目のあとでしたか?

佐野:1回の休み時間で食べきるというより、朝来て少し食べて、1時間目終わって少し食べて、2時間目の後も少し食べて……の繰り返しです。お昼の前には食べ終わっていたので、お昼は購買でパンを買って食べて……あの頃は本当にたくさん食べてました。

――すごいですね!好きなおかずとかありましたか?

佐野:色々あるんですけど、カレーが特に好きでした!ご飯とルーを分けて入れるポットみたいな弁当ケースだったので、温かいまま食べられて友達からも人気でしたね。

2人:あー!あるよね!

M!LK

――おしゃれですね!

佐野:アツアツのカレーにチーズをのせるのが特に人気で、友達によく食べられてましたね。(笑)

――美味しそうです!吉田さんはどうでしたか?

吉田:僕も食べ物の話なんですけど、友達と2週間に1回くらい「宴」を開いてました!

佐野:宴!?鹿児島で!?

吉田:いや、東京の高校(笑)。10人くらいで机を囲んで、休み時間にお菓子とか飲み物を持ち込んでバカ騒ぎするんです。やってるうちにクラスから人がどんどん減っていきました(笑)。

 

――パーティみたいですね!そして塩﨑さんですが、今塩﨑さんは現役の高校生なんですよね!

塩﨑:そうです!今高校3年生です。

――今ハマっていることとかありますか?

塩﨑:朝いつもやることはあります!っていうのも、僕普段学校に30分前くらいに着くんですよ。

佐野:はやっ!!

塩﨑:それで自然と鍵を開ける担当になってて(笑)。教室入ってから、登校してくる人を窓から眺めるのにハマってます!

吉田:なんか怖い。(笑)

塩﨑:怖くないですよ!

――眺めて何を楽しんでますか?

塩﨑:朝入ってくる時ってすごく性格が出るんですよ。それが楽しくて。例えば元気な子は朝からニコニコして友達と話しながら来るし、静かめなタイプの人は1人でイヤホンしながら入って来たり。色々な人がいるんだなー、って思いながら1日が始まりますね。

――怪しまれたりとかしないですか?(笑)

塩﨑:全然しないですよ!眺めるだけじゃなくて、クラスメートが登校してきたらその子と仲のいい友達に教えたりもしてます。

吉田:見張り番だ。(笑)

――クラスのリーダーみたいですね!

Q2.心に残る友情エピソードは?

佐野:友達にすごく助けられたことがありました!一時期お仕事があってなかなか授業に出られなくて、テストでも赤点だったんですよ(笑)。「次のテストは点数とらないとやばい!」ってなって。そしたら友達が部活の時間を割いて、遅くまで教えてくれました!そのおかげで、そのテストはいい点が取れましたね。

――じゃあ今の佐野さんがいるのも、その友達のおかげかもしれませんね!

佐野:本当ですよ!感謝しかないですね。

塩﨑:僕も似たような話なんですけど、出られなかった授業のノートは友達が見せてくれました!ノートを提出しなくちゃいけない時もあったので、それはすごく助かりましたね。

M!LK

――持つべきものは友達ですね!吉田さんはどうですか?

吉田:修学旅行の時に7~8人のグループで動いてたんですけど、泊まる部屋が5人部屋だったんですね。そうすると、2人か3人は違う部屋になるんですけど、みんなで一緒にいたかったんで、部屋が違う友達も、5人の方の部屋にかくまうことにしたんです。そしたらその違う部屋のメンバーが「どこにもいない!」って学年中騒ぎになっちゃって(笑)。

――それでどうなりましたか?

吉田:隠し通そうとしたんですけど、すごく厳しい体育の先生にバレて……。次の日みんなで怒られました(笑)。

一同:(笑)

吉田:悪いことではあるし反省もしましたけど、その経験でみんなの友情は深まりましたね(笑)。

Q3. 今だからこそやってみたいアルバイトはありますか?

佐野:ファストフード店とかで働いてみたいです!

――理由とか何かありますか?

佐野:単純に好きなのもあるんですけど(笑)、 挨拶もちゃんとしてるし、働いている友達からもマニュアルがしっかりしてると聞いて、社会勉強にもなるんじゃないかなって思いました。働くなら学べることが多い方がいいですよね。

――学びながら働けるっていいですよね。吉田さんはどうですか?

吉田:僕は居酒屋で働いてみたいです!居酒屋ってすごく大変そうじゃないですか。そういうところでバリバリに働きたいですね。あとは枝豆が好きなので、まかないで食べられたらいいなって(笑)。

――まかないもアルバイトの魅力ですよね!塩﨑さんは?

塩﨑:僕は遊園地で働きたいです!来た人に夢を与えるようなところですね(笑)。多分この業界に入っていなかったらテーマパークで働いてたと思います。

――でも「夢を与える」という意味では今のお仕事も似ていますよね。

塩﨑:そうですね!番組の企画とかあれば1回やってみたいです!

――そしたら今のお仕事もさらによくなりそうですね!

Q4. アルバイト中の女性に胸キュンした瞬間は?

佐野:やっぱり笑顔の人にはキュンとしますね!笑顔で接客されると「ここでお買い物してよかったなー」と思います。あと、お釣りを渡される瞬間に手が触れるとドキッとします。(笑)

吉田:えっ!?

――佐野さんピュアですね!これから握手会とかで来られるファンの方には朗報かもです(笑)。

塩﨑:これから小銭添えてくるかもしれない(笑)。

佐野:いやいや(笑)。 でもレジで手が触れるっていう不意打ちみたいなときにドキッとしちゃいますね。

――吉田さんはどうですか?

吉田:僕は、おろしてた髪をシュッと結ぶ瞬間とかあったらいいですね!

M!LK

塩﨑:そんなシチュエーション見る!?

吉田:いや、例えば一緒に働いてて書類仕事してる時に「集中するね」って言われてシュッてされるといいなって。ポニーテールも好きです。

――普段とのギャップがいいのかもしれませんね!塩﨑さんは?

塩﨑:まだ研修中で慣れてないけど頑張ってる感じがいいですね!

2人:わかる!

塩﨑:レジ打ちとかもまだよく分からないけど、頑張ろうとしてるところを見ると応援したくなっちゃいますね。頑張ってる姿ってキュンとしますよね。

Q5. デビューして社会に飛び込むことで、デビュー前と変わったことはなんですか?

佐野:僕たちの仕事は人と接することが多いので、人間性とか礼儀はすごく大事だなって気づきました。ちゃんと感謝の気持ちを伝えることも大事だし、「またこの人と仕事したいな」って思ってもらえたら次の仕事にも繋がるので。

――感謝は大事ですよね。

佐野:お店に行っても、気持ちいい接客をされるとまた来たいなって思いますからね。どのお仕事でも感謝を伝えることや謙虚さは必要だと思います。

――では続いて、吉田さんはどうでしょうか?

吉田:事務所に所属する前は、なんでも自分で解決しようと思っていたんですよ。でも、僕1人で考えるよりも大人に相談した方がより良い答えを教えてもらえるって気づいてから、人に相談できるようになりました。あとは行動1つ1つをちゃんと考えてから行動するようになりましたね。もう行き当たりばったりで行動はしていないです。

――「こんなこと聞いたら怒られるかな?」って考えることありますけど、実際は聞いた方がうまくいきますよね。

吉田:海外では「わからないことはすぐに聞く」が普通だと聞いて。それを知って、僕もその方がうまく行くと思って実践しています。

――大人と接することで学びも増えて、いいこと尽くしですね!塩﨑さんはどうですか?

塩﨑:このお仕事をしていると、どうしても休みが不定期になるので、その中で「限られた自分の時間をどう使うか」っていうところから、時間の有効活用については学びました。ちょっとでも空き時間があればテスト勉強をするとか。

――仕事をすることで責任感もついてきますよね。

塩﨑:そうですね。アルバイトをしながら学校に通う人も同じだと思うんですけど、仕事をしていても学校でもちゃんと勉強に励まなくちゃいけないので、その両立のために考えるようになりました。

Q6. 今のお仕事を始める前に不安はありましたか?それを乗り切るコツは?

佐野:僕はこの2人に比べると業界に入るのが遅かったしグループにも後から入ったので、この世界に馴染めるか不安はありました。俳優のお仕事でも毎回違う方とお仕事をするので、今でも最初は不安になることがあります。

――それを乗り切るのに何か実践したこととかはありますか?

佐野:緊張して内側に閉じこもっていても何もいいことがないので、相手もきっと同じように緊張してると思って、初めての場所では自分から積極的に話しかけるようにしています。なんでもいいから質問したり、天気の話をしたり、そこから会話が広がることも結構ありますからね。

――最初は勇気が必要ですよね。

佐野:そうですね、でもそれも自分のためになると思ってます。

――ストイックですね!ちなみにこの業界には自分から入っていたんですか?

佐野:僕ではなくて、母と親戚がオーディションに応募したのがきっかけでした。だから最初は意欲はあったけどそこまで興味があったわけじゃなくて。不安というよりあまり考えていなかったんですが、きっかけをくれた家族にはとても感謝していますね。

――吉田さんはどうですか?

吉田:僕は何か始めるときに最悪の事態を考えることが多いんですよ。それでチャレンジできずに諦めることが昔は多かったです。でも挑戦しないと、そのことでまた後悔しちゃうんですよね。

――わかります。

吉田:後悔するのが嫌だって気持ちから、今は新しいことにはなるべくトライするようにしています。それで意外といけることも多いので、1歩踏み出すことは大事だと思いますね。

――何をするにも勇気は必要ですけど、乗り越えれば世界が変わりますもんね。

吉田:やろうかどうか悩んでいる時点で、自分の中ではやりたいと思ってることだから挑戦した方がいいと思ってます。

――それでは最後に、塩﨑さんはどうでしょうか?

塩﨑:この仕事を始めてからですが、最初は人からの期待が不安になることがありました。ライブに来てくれてる人や関わるスタッフさんの期待があるから、僕たちはこうして活動ができています。でも、その期待がプレッシャーになることが最初はあって。だから、プレッシャーを感じた時は何も考えないようにしてました。プレッシャーを受けて考えすぎても失敗しちゃうし、プレッシャーを忘れて何も考えない方が案外うまく行くこともあるんですよね。乗り越えるコツは「何も考えない」です!

――プレッシャーを受けてどうにかしようって悩むより、楽しんだ方がいいですよね!

M!LK

Q7. アルバイトを頑張っている高校生にエールを!

佐野:アルバイトをしていて辛いこともたくさんあると思います。でも辛い時って自分が成長している時でもあるんですよね。だから辛いと感じた時は、むしろそれを楽しむくらいの勢いで頑張ればいいと思います!社会勉強にもなるし、この先厳しい社会で生き抜いていくためにも、今後の糧として今できることを全力でやってみてください!

吉田:アルバイトって、人と人との関わりや技術などたくさん学ぶことができる場所だと思います。だから、高校生のうちからアルバイトで働くことってすごく大事だと思います。もし辛い時とか疲れた時は僕らのイベントに来て、一緒に頑張ろうって思ってもらえたらと思います。一緒に頑張っていきましょう!

塩﨑:アルバイトは勉強と同じで、やったらやった分だけ得るものがたくさんあると思います。技術や人との関わりなど、高校の授業では学べないことがたくさんあります。それを周りよりも早く身につけられるのは、今後の自分の強みになるし、辛いことがあっても自分の人生の中の経験値だと思えば乗り越えられると思うので、今目の前にあることを頑張っていい人生を送ってください!

ドリームバイトの当選者からインタビュー!

――ここからはバイトルがプロデュースする夢のようなバイト実現プロジェクト「ドリームバイト」企画より、数々の応募の中から見事当選された吉澤(よしざわ)さんに来ていただいています!どうぞー!

吉澤:はじめまして!吉澤です!よろしくお願いします!

――緊張されてますか?

吉澤:緊張してます(笑)。

――吉澤さんはライブとかにも行くくらい大ファンですもんね!

吉澤:はい!「み!るきーず」です!

3人:ありがとうございます!!!

吉澤:本当に貴重な機会なので嬉しいです……!

――それでは今回吉澤さんから3人に質問があるということで、まずは1つ目の質問からお願いします!

吉澤:将来やりたいことについてなんですけど、最近考えれば考えるほどわからなくなってしまって……。みなさんは悩んだ時にどうしていますか?

塩﨑:佐野さんはどうですか?

M!LK

佐野:僕は……この仕事を続けることは決めていますが、もちろん悩む事もあります。でも、そうやって悩んだりする時間があるなら、その時間を自分にとって役に立つこと、僕であればダンスや歌のレッスンに費やした方が有意義な時間を過ごせるよね、って話を前に尊敬している方から聞いて。だから、それ以降は悩むよりも明日死んでも後悔しないくらいに今に全力を注ぐようにしたいと思っています。一緒に頑張りましょう!

吉澤:はい!

吉田:今なりたい職業はあるんですか?

吉澤:ブライダル業界を目指して今の大学に入ったんですけど、大学で色々なことを学ぶ中でいろんな選択肢が出てきて迷ってます……。来年からは就職活動なので、進路をどう絞ろうか……。

吉田:それは悩むよね!佐野くんが言った通り今に全力を費やすのもそうだし、自分だけじゃなくて先輩とかに相談したり、気になる業界を実際に職場体験とかで見てみるのもいいと思う。僕もダンススクールを選ぶ時に、いろんなところを見学してフィーリングがあう場所を決めていたので。いろんなものを見て自分にあったものを選ぶのが一番後悔しないと思います!

――塩﨑さんは何かありますか?

塩﨑:僕は迷った時はヒューマン映画をたくさん見るんですよ。普通の映画と違って実際にあった話とか人の人生を見ることができるので、視野が広がると思います!映画をまず見てください!(笑)

吉澤:映画見ます!

――後悔のないように動くことって大事ですよね!それでは2つ目の質問もお願いします!

吉澤:毎日忙しいと思うんですが、頑張るために息抜きしていることはありますか?

佐野:僕は、寝ることも大事だと思うんですけど、友達と遊んだり実家に帰ったりしています。実家ってすごく落ち着くし、地元の友達と遊ぶのも楽しくて息抜きになります。あとは親に会った時はなんでも話すようにしていますね。

吉田:大事だね!

佐野:今でも仕事のこととか悩みをよく話してますね。悩みを話すことも大事だし、親のアドバイスってだいたい合ってるんですよね。

塩﨑:僕も外に出ることが多くて、流行ってる場所に行きます!オフだけじゃなくて、仕事の間が1時間あるだけでも、行ったことのない場所に行ったり、流行っているもの食べたり、いろいろ動き回ります!

――すごくアクティブですね!

吉田:この人は本当にすごい(笑)。

塩﨑:でも寝る時間はちゃんと取ってますよ?(笑) 休みの日はいつもより寝ないで動く、って決めてるんで、人生得してる気分です!

吉田:遊びもスケジュールがしっかり組まれてるんですよ!

佐野:マネージャーになれそう(笑)。

塩﨑:なれるかな?(笑)

M!LK

――お2人とも羽を伸ばして楽しまれてますね!吉田さんはどうですか?

吉田:僕はオフの日は家から出ないです!映画見たり読書したりしてます。たまにショッピングモールに遠出することもありますが、体を休めることが第一なので、たくさん寝て、家で過ごして、長くお風呂に入って、ゆっくり過ごしてます。

佐野:全然反対だね(笑)。

――体を休めるのも大事ですよね!みなさんありがとうございました!さて吉澤さん、あっという間に時間が来てしまいましたがどうでしたか?

吉澤:悩んでたこともあったんですけど、アドバイスをいただいてこれから頑張ろうって思えて、夢のような時間でした!ありがとうございました!

吉田:そう言ってもらえると嬉しいね!

――これからも頑張ってください!

吉澤:ありがとうございました!

宝物になるような高校生活を!

――さて色々お話いただきましたが、2月6日にリリースされるアルバム「Time Capsule」についてもお話を聞かせてください!こちらはどんなアルバムになっていますか?

吉田:僕たち7人体制になって初めてのアルバムです!「Time Capsule」というアルバムタイトルを聞いて、僕たちにとってもファンの方たちにとっても、5年後10年後にいいアルバムだったなって思ってもらえる1枚になるんだろうなと感じました。そして、そう思えるかどうかはこれからの僕たちの頑張り次第なので、そういう意味では僕たちに課題を課せされらた、挑戦でもあるアルバムです!

――M!LKのみなさんにとっても思い入れが強いアルバムなんですね!ありがとうございました!それでは最後に、全国の高校生に向けてメッセージを、代表して佐野さんからお願いします!

佐野:高校って僕の中では特別な意味を持った時代です。自由も増えるし高校時代の友達とは今でも遊んだりするし。今20歳になって、高校ほど楽しい時間はなかったなって思います。だから高校生のみなさんは、その時間を大事にしてください!
今高校生のみなさんにとっては、何気ない1日の繰り返しかもしれませんが、その自由な今を1日1日全力で楽しんでほしいです。もう勉強とかしなくていい!(笑)

吉田:勉強はしないとダメでしょ(笑)。

佐野:ダメか(笑)。あとは、先生の話はちゃんと聞いて、友達と喧嘩してもいいけどちゃんと仲直りをして、全力で過ごして後から宝物になるような高校生活にしてください!

――すごく響くメッセージ、ありがとうございました!バイバイトル~!

3人:楽しい高校生活を!バイバイトル~!

M!LKにとってアルバイトとは?

  • M!LKにとってアルバイトとは?
  • M!LKにとってアルバイトとは?
  • M!LKにとってアルバイトとは?

M!LKメンバー全員の直筆サイン入りミニカード
&イベント限定ポストカード7種類(3名様)

※メニュータブは、アプリ起動後画面の左上 「横の三本線」をタップするとでてくるよ!

<応募方法>
①バイトルのアプリをダウンロード
②コンテンツのフッターメニューをタップ
お知らせをタップ!
③「特集」タブをタップして、赤枠のバナーをクリックしよう!
応募メニューへGO!
  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

インタビュアー
バイトル BOMS記事担当者
  • 高木マーガレット
  • アメリカで生まれ育った日英バイリンガルで、抜群の表現力を持つラジオDJ。 常に周囲を明るくするポジティブオーラが魅力のタレント。

バイト求人探すならバイトル