製造業とは?就職・転職の検討に使える主な職種や仕事内容・メリット・デメリットなどの情報を解説!

製造業とは?主な職種や仕事内容・メリット・デメリットなどを解説!

「製造業」と聞くと、工場でのライン作業や立ち仕事をイメージする方も多いのではないでしょうか。製造業といっても、実は業種や職種は幅広く、仕事内容は多岐にわたります。

自分に合った仕事を見つけるためにも、今回は知っているようで知らない、製造業への理解を深めていきましょう。この記事では、製造業の仕事内容や製造業で働くメリット・デメリットのほか、製造業に向いている人の特徴について解説します。

バイトルは、製造業で頑張る「ゲンバ男子」を応援します。

『バイトルNEXT×ゲンバ男子』とは?

当記事は、大阪産業創造館とのタイアップ企画です。
若い世代の製造業離れが加速する現在、中小製造業企業においては若手人材の獲得が困 難な状態が続いています。
「バイトル」では、全国の製造業求人情報が検索できる特設ページをオープンし、製造 業における若年層の採用支援をおこなってまいります。

製造業とは?わかりやすく紹介

製造業とは、簡単に説明すると「原材料や素材を加工して製品を生産する産業」のことです。例えば、「自動車メーカー」「食品メーカー」「医療品メーカー」などが製造業にあたります。

農業や漁業、林業などの食や資源の土台となる産業を一次産業と言います。製造業は、一次産業で生まれた資源から生活に必要なものに加工する二次産業です。
ただ、製造業といっても業種はさまざまで、おもに食品・機械(電化製品、精密機器など)・車関係・化学・木材などに分類されます。

業種の例

製造業は、以下のような業種(業界)があります。

製造業には、例として紹介する業種以外にも存在します。仕事内容は業種ごとに共通する部分もあれば、まったく異なる仕事もあるため一括りにはできません。

求人探しでは、「製造業」と一括りにせず、どのような業種や分野の募集なのかを確認し、ご自身にあった仕事内容を選ぶようにしましょう。

電子機器や機械

電子機器や機械に関わる製造業は、機械品の設計から開発、部品製造、組み立てなどを行います。 家電製品のような身近なものから、ゲーム機やパソコンなどに使われる精密機械など、多岐に渡ります。電子機器では半導体などの最先端の技術に関わることになるでしょう。

また、機械関係は多くの工程があり、部品の生産から組み立てまで仕事内容は数え切れないほどです。

車・航空機・モーター系

車両の組立に必要なパーツ製造から、塗装や整備までを行う業種です。自動車や航空機のほか、鉄道や船舶なども含まれます。大規模な生産拠点で多くの人員を必要とする大企業のほか、組立部品の製造を担う企業も存在します。

現在自動車メーカーではデジタル化が進み、ITや機械系エンジニアなどの職種の需要も増加しているようです。

食料品

食品製造業は、原材料から食品の加工を行い、さまざまな食品を製造します。スーパーやコンビニで売られている食品や、お菓子、飲料など、取り扱うものは多岐にわたります。

これらは食品開発を経て、厳格な衛生管理や品質管理のもとで製造され、私たちの生活に届けられています。

化学製品

石油や天然ガスなどを原材料として化学反応を利用して自然界の物質を変化させることで、高品質な製品を製造する業種です。

プラスチックや合成ゴム・化学繊維のほか、洗剤や化粧品・香料など、身の回りのさまざまなものを製造しています。

木材・木製品

主に丸太を原料とする木材の加工や組立を行う業種です。建築に必要な建材加工や、テーブルやベッドといった家具などの組立や製造をします。材料のカットや穴加工、プレスなど仕事内容は多岐にわたります。

木製品に関しては、木材の加工技術とともに高いデザイン性も必要です。

製造の職種と仕事内容

製造業には、加工や組立、塗装など、さまざまな仕事内容の職種があります。以下では、製造業の現場における主な職種と仕事内容を解説します。

工程 仕事内容
加工
  • ・熱入れや型どりなどにより素材の形を変え、設計図通りの部品やパーツを作る
  • ・食品加工は食材のカットや過熱・調味の仕込みなどの加工を行う
組立
  • ・加工された部品やパーツを設計図通りに組立する
塗装
  • ・主に下地、塗装、乾燥といった工程で組立てられた製品を塗装し、製造ラインの仕上げを行う
玉掛け
(クレーン作業)
  • ・クレーンを使って工場内の荷物を移動・運搬する
検査
  • ・目視や検査機で出荷前の製品を検査し、異常や不具合がないか調べる
梱包
  • ・箱詰めやパッキングをして、製品を出荷できる状態にする
  • ・ピッキングや検品、仕分けなどの作業を担う場合もある

他にも品質・生産管理や機械点検など、さまざまな職種や仕事があります。

また、製造されたものが世に送り出されるまでには、製造前の商品企画や研究開発、商品を宣伝するための営業や広報といった仕事もあります。

これらの職種は製造現場を支える重要な役を担っており、求められるスキルもそれぞれ異なります。

現場で経験やスキルを身につけたり、比較的求人の多い営業職で経験を積んだりすることで、キャリアアップを目指すことも方法の一つです。

製造業はおすすめ!働くメリットや魅力

製造業に転職を考える際、ネガティブなイメージを持つ方や、周囲から「やめとけ」と言われた方も多いのではないでしょうか。

しかし実際には、製造業には以下のようなメリットがあります。製造業に興味がある方へ、働くメリットや魅力をご紹介します。

資格や経験、学歴不問のケースが多い

製造業は学歴や職務経験が重視されないことが多く、未経験でも採用されやすい特徴があります。また、未経験者を積極採用するのは、新人教育や人材育成に力を入れているということです。 そのため、研修やマニュアルが整っている点も魅力です。

労働環境が整っている

製造業の現場では2交代や3交代のシフト制が多く、労働時間や休憩時間が安定しています。家庭との両立や一定の生活リズムで過ごしたいといった希望がある場合は、特に2交代の職場を選ぶと時間を管理しやすくなるでしょう。

体力をあまり必要としない職種の2交代であれば、女性でも働きやすい環境といえるでしょう。

資格取得にかかる費用の補助や、寮や社宅の完備、各種手当などの福利厚生に力を入れる会社も年々増えてきています。

残業が少ない

近年は、働き方改革も進み、基本的に残業はありません。生産計画を作成することで、決められた生産量に応じて勤務時間や作業量が決められるためです。

ただし、作業が終わらなかった場合や、繁忙期に残業ありきで計画を作成されているなど、残業が発生することもあります。残業の有無は会社による部分が大きいため、面接段階で確認しておきましょう。

高収入も目指せる

夜勤のある会社を選ぶと割増賃金を得られるため、高収入を目指せます。深夜の時間帯は、日勤に比べ体力的負担が少ないケースが多く、体力に不安がある人も挑戦しやすいでしょう。

日勤で安定した給料をもらうには、高収入を期待できる生産管理部門の求人を探すか、キャリアアップを目指せる会社を選ぶことをおすすめします。

製造業はきつい?働くデメリットや「やめとけ」と言われることがある理由

製造業は働きやすさの面でメリットがありますが、一部では、いくつかのデメリットから「製造業はやめとけ」と言われることもあるようです。どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

3K(きつい・汚い・危険)のイメージが強い

労働における3Kとは、「きつい」「汚い」「危険」の頭文字をとったものです。

製造業は過去に3Kのイメージが強かったことや、現在でも一部企業で3Kに該当するような職場があることで、「製造業はやめとけ」と言われるケースが多いのが実情です。

しかし労働環境の改善が課題とされてきた製造業では、すでに多くの現場で3Kの改善が行われています。現在では、労働時間をはじめ衛生面や安全面でも環境整備が整ってきています。

単純作業の繰り返しが多い

製造業の多くでは、工場で取り扱う製品に対して、作業と担当が決まっている生産方法の「ライン作業」が行われます。

ライン作業の場合、一日中同じ作業を繰り返すことで精神的疲労を感じる人もいるようです。また、クリエイティブな作業をしたい人にとっては、流れ作業を主とする製造業の現場仕事はマッチしない可能性があります。

基本的に立ちっぱなし

製造業では立ち仕事が基本で、特にライン作業はほとんど移動なしで作業しなければなりません。ピッキングのように工場内を移動する職種でも、重い荷物を上げ下げするための筋力や体力が必要です。どちらも慣れるまでは身体の負担を感じやすいでしょう。

体力に自信がない人や腰痛持ちの人は、デメリットを感じるかもしれません。

こんな人におすすめ!製造業に向いている人の性格や特徴

製造業において、体力以上に考慮しておきたいのは、仕事の特性と自分の性格が合っているかどうかです。

以下の特徴に当てはまる方は、製造業でやりがいを得やすく、楽しみながら働ける可能性があります。

集中力が高い・単純作業が苦手ではない

製造業の現場で働く際は、高い集中力が必要とされます。目の前の業務にどれだけ集中できるかが、作業の質に直結するためです。

集中力が続かないと、製品によって仕上がりに変化がでたり、ミスを起こしてしまったりと製品不良の原因となってしまいます。
オン・オフの切り替えが得意な人や、手元の作業に集中するのが得意な人、単純作業が得意な人は製造現場で成果を出しやすいでしょう。

効率化するのが得意・好き

現場作業のほとんどが単純作業の繰り返しです。しかし、任された業務をそのまま行うのではなく、効率化や生産性を上げる工夫に目を向けられる人は、やりがいを得やすく、製造業に向いているでしょう。

実際に製造業現場では、限られた勤務時間で任された業務を終わらせる必要があります。そのため、業務効率化や生産性向上のための工夫が必要となるケースは珍しくありません。

単純な作業のなかにも自分で課題を見つけ、試行錯誤できるような人材が製造業で活躍できるでしょう。

接客や営業はしたくない

製造業の工場業務であれば、接客や営業のようなお客様対応はほとんどありません。会話スキルやプレゼンテーションスキルがなくても業務に支障はないため、接客に苦手意識のある人は製造業を選択肢の一つに加えてみることをおすすめします。

複数名のチームで製造ラインを回すような工場の場合は、挨拶や返事といったマナーや、最低限のコミュニケーションを心がけるとよいでしょう。

顧客対応が苦手でも周囲への気配りや協調性がある人、また視野が広く臨機応変な対応ができる人は、経験を積んで生産管理職を目指しても活躍できるかもしれません。

製造業での仕事に関するよくある質問

最後に、製造業で疑問やよくある質問をご紹介します。

製造業のなかでも業種や職種で給料は違う?

製造業は業種や職種により給料が異なります。製造業で年収が高い業種には自動車関連や医療関連、半導体を中心とする電子機器関連などが挙げられます。
製造業の職種としては、研究開発や生産管理部門は、他の職種に比べて高収入を期待できるでしょう。

ただし、同じ業種や職種であっても給料の水準は会社による差が大きく、一般的に大手であるほど平均年収が上がります。

女性でも働くことはできる?おすすめの職種は?

製造業はもちろん女性でも活躍できる職種です。
それほど体力のいらないライン作業や、検品などは挑戦しやすいでしょう。また、手もとでの作業がメインの衣服や食品加工などは、丁寧で細かな作業が得意な人におすすめです。

製造業の求人はどうやって探す?

製造業でどのような求人があるかを知りたいときは、求人サイトを活用しましょう。製造業の多くは未経験OKで特別なスキルが必要とされないため、求人情報内にある募集内容や仕事内容をよく確認し、興味のある業種や職種を選びましょう。

給与や勤務時間といった基本的な条件だけでなく、車やバイク通勤の可否、実際の勤務先と面接地の違いなども確認しておくと安心です。

まとめ

製造業では、携われる業種や職種は多岐にわたります。近年は労働環境の見直しや改善で働きやすさが増したことで、男女ともにメリットの多い業界となってきました。

製造業に興味がある方は、この機会に気になる業種の求人情報に応募をして、仕事のやりがいや楽しさを見つけてはいかがでしょうか。

バイトルNEXTでは、工場・製造の正社員(契約社員)の求人情報を希望条件や都道府県、指定の駅から探せます。製造業の求人情報をお探しなら、ぜひバイトルNEXTをご利用ください!

  • 大阪産業創造館 ゲンバ男子
  • 公益財団法人 川崎市産業振興財団 川崎ゲンバ男子

5つのSTEPでキミのバイト応募をサポート!バイトGET完全マニュアル

さっそくお仕事を探してみよう

カテゴリ一覧