2019.05.27

【バイトの履歴書】学歴・職歴の書き方(高校生・大学生編)

アルバイトの
学歴・職歴の書き方
高校生・大学生編

高校生・大学生をはじめとした
学生の方が
履歴書を作成する際に
知っておきたい、
学歴・職歴欄の
書き方のポイントをご紹介します。

高校生・大学生の
学歴・職歴の書き方ポイント

高校生・大学生の場合はアルバイトの経験も職歴に書いてOK

一般的にアルバイトは職歴とはみなされませんが、高校生・大学生がアルバイトに応募する場合は、アルバイトの経験を職歴欄に書いてもかまいません。応募する職種と同職種か、経験が活かせそうなものをピックアップして書いていきましょう。

一年以上続いたアルバイト・役職についたアルバイトは高評価

一年以上、長く続いたアルバイトの経験がある場合:安定して働いてもらえる人材として評価してもらえる可能性があります。また、チームリーダーなどの実績がある場合は、チームワークが必要な職種はもちろん、信頼度もアップしてプラスポイントに。自己PR欄で補足しながら記載していきましょう。

アルバイト歴がない場合は学歴欄を充実させる

高校生・大学生の場合はスペースが余ってしまいがちですが、できるだけ空行がないようにしたいもの。小学校・中学校の卒業年次も書く、高等学校での専攻コースがあれば書く、大学での専攻内容について少し詳しく触れるなどして全体の半分以上は埋めるようにしましょう。

アルバイト歴は応募職種に関連するものを優先

夏休みや冬休みなどを利用したものや単発のものなどアルバイトの経験が豊富にある場合は、応募する職種に関連するものを優先して書くようにしましょう。経験したアルバイトの中で、高い評価を受けたものは自己PR欄と合わせて書くとアピールしやすくなります。

高校生・大学生の学歴・職歴記入例

生年月日を入れるだけ!卒業・入学年度計算ツール

学歴・職歴の書き方基本ルール

  • 「年」は西暦でも和暦でもかまいませんが職歴・学歴欄だけでなく、履歴書全体で西暦か和暦のいずれかに統一するようにします。
  • 最初に学歴を書きます。1行目の真ん中に「学歴」と書いてから書き進めます。
  • 「学歴」のあとに、一行空けて行の真ん中に「職歴」と書きます。
  • 年月の数字は漢数字ではなくアラビア数字(1,2,3など)を使います。
  • 職歴の最後は「以上」を右端に入れます。
  • 入学・卒業や入社・退社で同じ校名・社名が2行続く場合、「〃」を使って略してはいけません。必ずもう一度書きます。

学歴の書き方ポイント

  • 学校名は正式名称を書きます。「高校」は「高等学校」に、また公立・私立もわかるように「東京都立バイトル高等学校」「私立バイトル学園高等学校」のように書きます。
  • 高等学校卒業以上の方は、小学校の記載は不要です。中学校以降から、入学と卒業の両方について書きます。これは、採用担当者が留年の有無を確認できるようにするためです。
  • 卒業後、学校名・学部名が変わった場合は卒業当時の名称(卒業証書に記載の名称)を使用します。学校の統廃合などがあった場合は( )内に「現○○○」として、現在の校名を書き加えます。
  • 高校は「普通科」の場合は原則、表記は必要ありませんが、「調理科」など特徴のある学科でかつ、応募する職種と関係がある場合は、ぜひ書きましょう。
  • 大学は学科まで、大学院は研究科までを書きます。
  • 大学のゼミの内容や卒業論文のテーマはスペースに余裕があり、かつ志望職種に関連があるものの場合は付記してもよいでしょう。
  • 学歴の最後は「現在、○○大学○○学部○○学科○年次在学中」と書きます。
  • 資格取得や語学習得のために通ったスクールについては、学歴欄ではなく、資格欄を使って書きます。

職歴の書き方ポイント

  • アルバイトの経験がなく、職歴がない場合は「なし」と書きます。
  • アルバイトの経験を書く場合は、社名のあとに「アルバイト勤務開始」と記載すると分かりやすくなります。
    )
    平成○年○月 株式会社バイトル アルバイト勤務開始
  • 会社名は「(株)」と略すのではなく「株式会社」と書きます。
  • 飲食店や小売店で働いた経験がある場合は、運営会社名ではなく店名で記載したほうが伝わりやすくなります。
    )
    居酒屋「バイトル六本木店」アルバイト勤務開始
  • アルバイトの立場での退社は、「一身上の都合により退社」ではなく、シンプルに「退社」の記述でかまいません。

生年月日を入れるだけ!卒業・入学年度計算ツール

こんなときどう書く?【学歴編】

転校した場合の書き方は?

「転校」ではなく「転入学」と書くのが正式な書き方です。

編入した場合の書き方は?

前の学校を卒業、または退学してから次の学校に入学するのが編入学です。退学または卒業の表記に続けて「編入学」した年月と校名を書きます。

浪人・留年は書くべき?

浪人・留年の期間はあえて書く必要はありません。入学と卒業の年次を見て採用担当者が判断します。

休学は書くべき?

留年と区別する必要があるため、休学については書きます。その際、理由を簡単に書き添えます。病気の場合は完治していることを付記しましょう。

例1

例2

留学経験は書いてもいい?

留学は一般的に1年以上だと学歴とみなされます。ただし、短期間でも留学経験が志望職種に関連がある場合は書いてもよいでしょう。

こんなときどう書く?【職歴編】

短期間のアルバイトの経験は書くべき?

自己都合で退社した短期間のアルバイトは履歴書には書かないのが一般的です。やむを得ない理由で退社したが、今回こそは長く続けたいという強い気持ちがある場合は、志望動機欄にその旨を書き添えた上で、書いてもよいでしょう。

単発のアルバイト経験は書いてもいい?

志望職種に経験が活かせるものがあれば書きます。この場合、期間を付記して一行でまとめてしまってかまいません。

短期アルバイトの経験の豊富さをアピールしたい場合は、まとめて書くとすっきり見えます。

登録制のアルバイトはどう書くべき?

志望職種に関連する経験であれば書きます。登録先の社名と派遣登録である旨を明記し、従事した仕事の内容を簡潔に添えるとよいでしょう。

カテゴリ一覧