2020.08.12

転職面接の服装(男女別、年代別、職業別等)の選び方と注意点

転職面接の服装の選び方と注意点男女別、年代別、職業別 等

転職面接の服装(男女別、年代別、職業別等)の選び方と注意点

転職時の面接での服装は、第一印象を決める非常に大切なポイントです。
リクルートスーツを着ていればOKだった新卒の面接時とは違い、転職の場合は自由度が高いため、何を選べばいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。
転職の面接では、基本となる清潔感をアピールするとともに、それぞれの年代にあった服装や、応募先企業の業種に合わせた服装選びが面接官に与える第一印象に大きく影響します。
この記事では、悩みがちな転職面接の服装マナーを、男女別、年代別、職業別に分けてわかりやすく解説しています。
好印象につながる転職時の服装マナーについて確認していきましょう。

面接ノウハウ関連記事

転職面接の服装の基本とは

転職面接の服装の基本とは

転職時の面接における服装のマナーは、大きく分けて「清潔感があること」「体のサイズにフィットしていること」「TPOに合わせた服装であること」の3つのポイントがあります。
「清潔感があること」と「体のサイズにフィットしていること」は、転職時に限った話ではありませんが、「TPOに合わせた服装」は、応募先企業の業種等によって変わりやすいのが転職時の面接の特徴です。
第一印象が極めて大切な面接では、相手に失礼のない身だしなみで臨みましょう。
以下から3つのポイントについて確認していきましょう。

清潔感

清潔感は、面接に限らず相手にいい印象を与えるために不可欠です。
スーツにシワがないか、シャツのボタンが取れていないかなどを事前に確認しておきしょう。
また、書類を書いているときの手元は意外と面接官の目にとまります。
爪が伸びていないか、女性の場合はネイルが剥がれていないかもチェックしておきましょう。

体のサイズにフィットしていること

体のサイズに合ったものを着ることは、面接の服装マナーにおいては基本です。
いくら高級ブランドのスーツでも、数年前の体型に合わせて買った物だとわかるようではルーズな印象が拭えません。
面接が決まったら、自分の体型に合うスーツを用意しましょう。

TPOに合わせた服装であること

面接官は、応募者がその企業に合った服装であるかどうかもチェックされています。
転職時の面接の場合は、決まった服装が特にあるわけではなく、応募先の業種等によって服装選びは多少異なります。
TPOをわきまえて服装を選ぶようにし、面接時に浮かないようにしましょう。

男女別・シーン別の服装マナーについて

転職面接の服装は決められたルールがないため、服装マナーについて悩む人も多いでしょう。
ここでは男女別・シーン別にまとめていますので参考にしてください。

女性の面接服装マナー

女性の面接服装マナー

転職の面接における女性の服装マナーと、好印象を与える着こなしのポイントをアイテムごとにご紹介します。

  • スーツ(ジャケット・スカート・パンツ)
  • 女性の面接時の服装は、理想を言えば上下揃ったスーツまたはセットアップです。
    ただし、きちんとした印象を与える服装であれば、上下バラバラでも問題ありません。
    基本的には無地や目立たないストライプが入っているものを選び、目立つ柄物は避けたほうが無難です。
    また、スカートは膝がしっかり隠れる丈のタイトスカートやフレアースカートを選べば、椅子に座ったときにあまり足を露出させる心配がありません。
    パンツスタイルの場合は、センタープレスの入っているものを選べばきちんとした印象を与えられます。
  • インナー(シャツ・ブラウス)
  • インナーは、胸元があまり大きく開いていないシャツやブラウスであればOK。
    白や薄いピンクなどのパステルカラーを選べば顔色が明るく健康的に見えます。
    柄物や大げさなフリルが付いたデザインは、カジュアルな印象を与えてしまうため避けたほうが無難です。
  • 髪型
  • 髪型は清潔感の印象を左右する大きな部分でもあります。
    ショートへアの人は、髪のパサついた印象が清潔感をなくしてしまう恐れがあるため、クシを通してまとめておきましょう。
    肩にかかるほどの長いヘアスタイルの人はひとつにまとめておくとスッキリします。
    また、お辞儀をしたときに顔に髪がかからないよう、髪を耳にかけるかピンで留めておきましょう。
  • メイク
  • メイクは健康的な印象を与えられるようナチュラルメイクを心がけましょう。
    普段すっぴんの人でも、メイクをせずに面接に臨むのはタブー。最低限のマナーとしてメイクは必須です。
  • パンプス
  • パンプスは、歩きやすくきれいな姿勢を保ちやすい3~5㎝のローヒールパンプスがおすすめです。色はスーツに合わせて黒やグレー、ベージュを選べばOKです。
    ただし、サンダルやミュールのようなかかとのない靴や、ロングブーツはNG。
    また、靴の汚れは意外と面接官の目にとまります。きちんと汚れを落としておきましょう。
  • バッグ
  • バッグはA4サイズの書類がそのまま入る大きさがおすすめです。床に置いたときに自立するタイプならなおよしです。
    布製のトートバッグやリュックサックはカジュアルな印象を与えてしまうためやめておきましょう。
  • アクセサリー
  • 結婚指輪以外のアクセサリーはできるだけ外したほうがいいのですが、付ける場合は、シンプルで上品なものを選びましょう。
    ゆらゆら揺れるタイプのピアスやイヤリングは避けたほうが無難です。
  • ネイル
  • 普段の生活では、指先までケアしていると好印象を与えますが、面接においては真面目に面接に取り組んでいないと思われてしまう場合があります。
    できる限り、面接にはネイルをして行かないようにしましょう。
    どうしてもネイルをして行くのであれば、ナチュラルなデザインで派手ではない色を選ぶようにしてください。
    しかし、飲食や接客業の面接を受ける場合は、ネイルをして行かない方が良いでしょう。
【女性の転職】面接の服装でもう迷わない!スーツ・インナー・バッグなどの選び方、着こなし方を紹介!

男性の面接服装マナー

女性の面接服装マナー

男性の転職面接における服装マナー、着こなしのポイントについてご紹介します。

  • スーツ
  • スーツは、シングルスーツを選びましょう。
    ボタンは2つ、3つどちらでも問題ありませんが、一番下のボタンは外しておくのがマナーです。
    凝ったデザインは面接にはふさわしくありません。色はネイビーか濃いグレーを選べば真面目な印象を与えることができます。
    ファッション性の高い明るい色のスーツは面接には不向きです。
  • シャツ
  • シャツは清潔感をアピールするため、白や薄い青系の無地がベスト。
    襟先にボタンが付いているボタンダウンは、カジュアルなものですので、面接で着用するのはタブーです。
    また、ボタンに色が付いているシャツや、派手なカフスもマイナスなイメージを持たれやすいためやめておきましょう。
  • ネクタイ
  • ネクタイはスーツの色味に合わせつつ、派手にならない明るい色を選びましょう。
    定番のストライプや小紋、チェック柄がおすすめです。
    キャラクターや動物がデザインされたものはカジュアルな印象を受けやすいため面接には不向きです。
  • 靴・ソックス
  • 黒や焦げ茶色など、スーツに合わせた紐靴タイプの革靴が基本です。
    つま先が尖りすぎているものやエナメルの靴などの派手な印象の靴は面接にはふさわしくありません。
    ジュアルなものや、かかとがすり減った靴、傷がある靴はだらしない印象を与えてしまうことになるので、面接に履いていくのはやめておきましょう。
    また、ソックスは黒やグレーの無地が無難です。
  • バッグ
  • A4サイズの書類を折らずに入れられる大きさのバッグを選びましょう。
    デザインは黒のシンプルなものを選び、床に置いたときに倒れない自立するタイプがおすすめです。
    リュックサックやトートバッグはカジュアルな印象を与えてしまうためNGです。
    手ぶらで面接に行くのもマナー違反ですのでやめておきましょう。
  • 髪型
  • 清潔感のある短髪が面接では無難な髪型です。
    長髪でも問題ありませんが、清潔感がなくならないように十分注意しましょう。
    日頃カラーリングをしている場合は、暗めの色に染め直しておいたほうがいいでしょう。
  • アクセサリー
  • 男性も結婚指輪以外のアクセサリーは外しておきましょう。
    時計は一目で高額なブランド品とわかるものは、嫌味な印象を持たれる可能性もあります。 なるべく避けたほうが無難でしょう。
    また、スポーツウォッチや派手なデザインの時計はビジネスシーンには不向きなので、面接にも付けて行かないようにしましょう 。

季節別の服装について

夏の暑い季節や、寒さ対策が必要な冬の面接は、服装選びやマナーについて不安を感じる人もいるでしょう。
特に汗をかく夏はなるべくスーツを着用したくないものですが、面接では夏でもスーツを着て臨むのが基本です。
ただし、近年ではクールビズを進めている企業も多く、ネクタイやジャケット着用の有無を問わない企業も出てきました。
企業によって基準が異なりますので、面接の前に確認しておくとよいでしょう。
夏の暑い季節にスーツで面接に臨む場合、通気性のいい夏仕様のスーツやシャツを着用しましょう。
ジャケットは外では着用せず、面接前に着るようにすれば面接時に汗だくになるのを防げます。
また、時間に余裕を持って出かけると、汗を拭ったり、汗が引くのを待ったりすることができます。
寒い冬の場合は、コートを着る方が多いと思いますが、ビジネスシーンでは、トレンチコートやステンカラーコートが定番です。
ただし、ジャケットの裾がコートから出るような丈の短いものや派手な裏地のコートは避けましょう。
色は、黒やベージュなら、どの業種の面接で着用して問題ありません。
コートは建物に入る前に脱いで裏地を表にしてたたみ、手に持って歩くのがマナーです。

服装自由・カジュアルOK・私服OKなどの場合は?

企業によっては、面接の服装について自由、特に指定なしとしている場合があります。
「服装自由・私服OK」と言われると、どんな服装で行けばいいのか悩んでしまいがちですが、スーツで面接に行くのが無難です。
スーツで面接に行って失礼になることはありませんし、私服は自由度が高い分、TPOに合わない服を着てしまう可能性も高まるためです。
なお、「カジュアルOK」と言われた場合は、スーツ、もしくはビジネスカジュアルな服装がおすすめです。
男性ならジャケットに襟付きシャツ、プレスの効いたパンツでOK。
女性なら、シンプルなスカートにジャケットを羽織るスタイルがよいでしょう。
また、ノースリーブや露出度の高い服装もビジネスシーンや面接には不向きなので、避けてください。
カジュアルとは言われたからといって、ジーンズにTシャツのようなスタイルは論外です。奇をてらわず、無難な服装で臨みましょう。

就職・転職の面接で服装自由や指定なし、平服の場合は私服でいいの?スーツの方がいい?

リクルートスーツはいいの?

新卒1~3年目までの方であれば、リクルートスーツをそのまま着ても問題ありません。
ただし、20代半ばを過ぎた方がリクルートスーツを着ていると、頼りない印象を与える可能性があります。
転職時の面接では、経験者として見られる場合がほとんどです。
学生のような印象を与えかねないリクルートスーツは避け、ほかのスーツを着用するか、なければ新たにビジネススーツを購入しましょう。
なお、年代別の面接の服装については後述しますが、スーツは濃いグレーや紺を選び、無地かピンストライプのような控えめなデザインのものがおすすめです。
体型に合っているか、動きやすいかなどもチェックしておきましょう。

業種・職種別の面接服装について

業種・職種別の面接服装について

ここからは、業種・職種別に面接の服装のマナーや注意点について見ていきましょう。
業種によっては「服装自由」と言われることがありますが、TPOをわきまえて服装を選びましょう。

飲食店

レストランやカフェ、料亭などの飲食店の面接は、指定がなければスーツで面接に行きましょう。
女性の場合もスーツがおすすめですが、上下揃っているものでなくても問題ありません。
いずれも飲食店の面接では清潔感を最重視して服装を選ぶことが大切です。
どの面接でも清潔感はチェックすべきですが、飲食店の場合は特に重視しましょう。
シャツにアイロンがかかっているか、爪が伸びていないか、髪はきちんとクシを通したか、靴の汚れはないかなど、面接前に入念に確認することが大切です。
不潔な印象が少しでもあると、それだけで面接結果に大きく影響する可能性があることを覚えておきましょう。

工場

工場で働く人をイメージすると、面接はスーツで行くべきか悩む方もいるかもしれませんが、特に指定がなければ工場の場合もスーツが基本です。
ただし、個人経営の町工場などの場合、スーツで面接に行くとかえって話がしづらいと敬遠される場合もあるようです。
応募企業のTPOに合っている場合は、無理にスーツを着ないほうがスムーズに面接が進む場合もあります。

コールセンター

コールセンターのような内勤も、指定がなければスーツが基本です。
コールセンターでの仕事はお客様と直接対面することがないため、自由な服装で勤務する企業が多いですが、面接では私服やカジュアルな服装は避け、スーツやオフィスカジュアルな服装を基本として清潔感のある服装を心がけましょう。

アパレル

アパレル業界での面接の場合は、応募先企業のブランドを身に付けて面接に臨むと好印象です。
必ずしも全身をそのブランドだけでコーディネートする必要はありませんが、どれか1点でも取り入れると好感度はアップしやすいでしょう。
また、アパレルの仕事は自分自身がお客様への着こなしの見本となることも多いです。
ほかのブランドの服を面接に着て行ったとしても、オシャレが好きなことをアピールできるような、トレンドを取り入れた自分らしい服装で面接に臨みましょう。
もちろん、応募先企業のブランド服を着て行ったからといって必ず採用されるわけではありませんが、応募者が自社のブランドを身に付けている姿を見ると、面接官は自社の店舗で働いている姿を想像しやすくなります。

事務系

事務系では、指定がなければスーツで面接に行くようにしましょう。
特に、証券会社や銀行、保険会社などの金融機関は、服装自由と言われたとしてもスーツを着用するのが鉄則です。
男女とも濃いグレーや紺のスーツできちんとした印象を与えられるようにしましょう。
一般的な企業の事務系の面接では、金融機関ほど堅い印象はありませんが、面接はあくまでもフォーマルな場ですので、スーツスタイルで面接に臨みましょう。

IT系

IT業界の場合も、基本的にはスーツを着用すれば問題ありません。
ただしゲーム業界などクリエイティブな業種の場合、当たり障りのないスーツでは印象が薄く、面接官の記憶に残らない場合もあります。
無理に個性的な服装にする必要はありませんが、応募企業にあわせて少しカジュアルな服装で臨んでみたほうが良い場合もあります。
実際に自分がその企業で働いているイメージを持って面接に臨みましょう。

女性の年代別、面接服装の選び方

女性の年代別、面接服装の選び方

男性に比べると女性は服装の自由度が高いため、かえって面接の服装に悩むことが多いのではないでしょうか。
清潔感やTPOだけでなく、年齢に合わせた服装を意識すると面接官からの印象がよくなるでしょう。
ここでは、年代別に気を付けたい面接時の服装の選び方やマナーについて解説します。

20代女性の面接服装

20代女性で新卒時に着ていたリクルートスーツがある方は、転職の面接時でもリクルートスーツで問題ありません。
ただし、そのまま着用すると新卒との差がわかりにくくなります。
インナーを優しい印象のブラウスにしてみたり、白ではなくパステルカラーを選んだりすることで、こなれた印象を与えることができます。
リクルートスーツ以外のスーツを着る場合は、ストライプ柄を選ぶと好印象です。
なお、髪型やメイクは、就活時のような厳しいルールを守る必要はありませんが、20代らしいフレッシュさを演出したいところです。
清潔感や明るさ、健康的な印象をアピールしましょう。

30代女性の面接服装

30代の女性の転職時における面接時の服装は、20代よりもキャリアを感じさせる服装を選ぶといいでしょう。
業種にもよりますが、スーツの色はライトグレーやベージュといった色を選ぶと、社会経験を備えた大人の女性を演出することができます。
また、インナーはあえてシックな色を選び、少し高めのヒールを履くことで、20代とは違う落ち着きとさりげない華やかさが演出できます。
髪型は、スーツの着こなしに合わせてアップスタイルやダウンスタイルを選びましょう。
ただし、後れ毛の多い高い位置でのお団子や、パサついた髪では不潔な印象が拭えません。しっかり髪の手入れを行って清潔感を保つことが大切です。
また、30代のメイクは、アイラインを引いたりマスカラを引いたりすると目力を強くし、自立した女性という印象が与えられる場合があります。

40代女性の面接服装

40代の女性の場合は、質感にこだわったスーツを選び、年齢にふさわしい信頼感や落ち着きを印象づけます。
ただ、質感にこだわるといっても子どもの入学式や卒業式に着ていた華美なスーツは、ビジネスシーンには不適切です。
落ち着きのあるビジネスシーンにふさわしいスーツを着用しましょう。
インナーは、顔色を明るくするような白やピンクなどのパステルカラーや暖色系がおすすめです。
小ぶりのイヤリングやピアスを付けるとさらに顔周りを明るくすることができます。
また、体型を隠そうと大きなサイズを着用すると、だらしない印象になりますのでやめておきましょう。

その他の面接時の外見マナーについて

これまで面接時の服装のマナーについて見てきましたが、面接という短い時間内に応募者の人となりを判断するために、面接官は服装以外の外見マナーも厳しくチェックしています。
ここでは、好印象につながる外見マナーについて見ていきましょう。

髪型について

髪型は、男女どちらも清潔感が何より大切です。特に寝癖やフケ、頭皮の臭いは不潔な印象を与えてしまいますので注意しましょう。
男性の場合は、あまりにも明るい色のカラーリングを行うと不真面目な印象になってしまいます。
真っ黒にする必要はありませんが、明るい髪色にしている人は暗めの色に染め直しをしたほうがいいでしょう。
また、髪型は短髪が基本です。スーツに合うようスタイリングジェルなどで整え、前髪が額にかからないようにすると好印象です。
女性の場合も、髪色は暗めの茶髪程度にしておけば問題ありません。
ただ、カラーリングによる髪の傷みは不潔な印象を与えてしまうため、しっかり手入れを行いましょう。
髪型はお辞儀をしたときに顔に髪がかかるようなら、ひとつにまとめたりサイドの髪をピンで留めたりすると邪魔にならず明るい印象になります。
メイクは、ファッションに合わせて盛るのではなく、あくまでも健康的で明るい印象を持ってもらうために行います。
普段、すっぴんが多い人もファンデーションやチーク、口紅を使って顔色を明るく整えましょう。

最後にトータルチェックを忘れずに

面接の服装は全身のトータルコーディネートがとても大切です。
実際に一度着てみてバランスが悪いと感じたら、スーツに合うバッグや靴をチョイスしましょう。
また、爪や靴、バッグの汚れも意外と気になるポイントです。面接当日に慌てないよう、きちんと手入れをしておくことをおすすめします。

まとめ

転職における面接の服装を選ぶポイントを男女別、年代別、職業別で解説しました。
自分の年代に合わせてスーツの色や質感を選んだり、応募先企業の業種に合わせて服装を選んだりすることは、自己満足のためではなく、相手に好印象を持ってもらうために行います。
服装選びに迷ったら、「清潔感があるか」「相手に失礼がないか」「ビジネスシーンに合っているか」を基準に判断しましょう。
これまで見てきた服装マナーを参考にしながら、自信を持って面接に挑んでください。



【面接関連記事】
【面接対策】バイトの面接マナーまとめ(服装・髪型・当日マナーなど)
アルバイトの面接に応募する時の不安を解消!電話のかけ方のマナーを徹底解説!
【何分前が最適?】面接の到着時間のマナーと遅刻したときの対処法を解説
バイト面接の服装まとめ!男女別に好印象な服装やバッグを紹介、Web面接の対策も!
バイトの面接で緊張しないための4つのポイント・コツを紹介
【アルバイト・パート】面接でよくある質問・答え方まとめ【年代・職業別】
バイトの面接に遅刻しそう!電話?メール?内容とタイミング
【面接Q&A】30.面接終了後は御礼するべき?(電話・メール)

【面接お役立ち記事】
転職の面接後に内定辞退をするときのマナーと連絡の例文を紹介!
「ほかに受けている企業は?」面接で聞かれた場合の回答方法(ない場合の回答例あり)
30代半ばの転職で、採用・不採用を決める5つのポイント
【例文で解説】志望動機の面接での答え方【転職・新卒・バイト・パートに対応】
【面接の心得】転職の面接で知っておきたい鉄則7カ条
異業種への転職は難しい?志望動機の書き方や面接の回答例も紹介
ベンチャー企業の面接で刺さる!志望動機の答え方をOKとNGの例文付きで解説!
20代は未経験でも転職のチャンスあり?年収アップの戦略や失敗例も紹介!
面接でキャリアプランを聞かれたときの答え方は?似たような質問も一緒に対策!
1年以上、仕事にブランクのある人が転職で注意するべきポイントとは
転職の面接で希望年収を聞かれたらどう伝える?伝え方や書き方についても解説
【面接Q&A】「転職理由は何ですか?」の答え方のポイントを例文付きで解説
転職の最終面接の対策まとめ!服装・よくある質問・逆質問・合格する人の特徴など
転職回数が多い場合面接の自己紹介・自己PRはどんな内容にする?
【転職の面接Q&A】現在の会社(前職)の名刺を渡すのはOK?もらう時はどうする?
転職の最終面接でよくある質問と回答のポイントを例文付きで解説!
【転職の面接】「最後に何か質問はありますか?」逆質問で好印象を与えるポイント・例文を紹介
転職の面接の時間は30分だと短い?1時間だと合格?長さで合否が変わるって本当?
【転職の面接】自己紹介の答え方を徹底解説!職業別の例文やNG例も紹介!
【転職】最終面接の合格率ってどれくらい?役員面接の突破率を上げるためのポイント
転職の最終面接の結果は何日くらいで連絡が来る?合否連絡が遅い理由とは?
就活・転職の面接で腕時計は付けるべき?理由や選び方、注意点を徹底解説!
【転職活動】面接の電話の受け方やかけ方、折り返し方などを例文付きで解説!
【ケース別の回答例あり】面接で印象のいい退職理由とは?転職を有利にするためのポイントを解説!
面接の印象をよくする長所の答え方を例文付きで紹介!
中途採用・転職の面接でよく聞かれる100の質問
【面接対策】面接でよくある質問まとめ(社員編)
【例文つき】面接から入社まで、面接後の対応「お礼メール・辞退」はこれで完璧!
社員・転職の面接マナーまとめ(受付・入退室・服装・Webの面接対策など)
「是非会ってみたい」と思わせるWeb応募のアピールポイントはココだ!

カテゴリ一覧