高卒と大卒の平均年収を比較!高卒で年収アップする方法や年収の高い業界を紹介します!

高卒と大卒の平均年収を比較!高卒で年収アップする方法や年収の高い業界を紹介します!

一般的に、最終学歴が高校卒業の人は大学を卒業した人に比べて、年収などが低いというイメージがあるでしょう。この記事では高卒の賃金や年収などを大卒と比較して統計的に見ていきます。
高卒の場合、どれくらいの年収が見込めるのか、さらに、年収を上げる方法や初任給の高い業界、転職しやすい業界についても紹介します!
高卒でこれから年収を上げていく方法について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

面接ノウハウ関連記事

高卒と大卒では給料にどのくらいの差があるの?

高卒と大卒では給料にどのくらいの差があるの?

 

高卒と大卒の給料にはどれくらいの差があるかご存知でしょうか?
ここでは「初任給」「平均年収」「生涯賃金」の3つについて、どのような差があるのか詳しく見ていきます。

ここで参考にしている厚生労働省の賃金は「賞与や手当を差し引いた給与額」です。平均年収はそれをもとに算出したものなので、実際の年収とは異なる旨をご理解頂いたうえで参考にしてください。

高卒・大卒の初任給

  高卒 大卒
令和3年初任給 17万9,000円 22万5,000円

まずは高卒と大卒の初任給の違いを見ていきましょう。

厚生労働省の調査によると令和3年の高卒者の初任給が約17万9千円、大卒者が約22万5千円となっています。

大卒の方が高卒より4万5千円ほど多く初任給をもらっています。初任給で4万円以上の差がありますが、平均年収となると差はどうなるのでしょうか?

(参考:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況 新規学卒者の学歴別にみた賃金」)

高卒・大卒の平均年収

  高卒の平均年収 大卒の平均年収
男性 354.1万円 464.2万円
女性 264万円 346.6万円
男女計 325.8万円 431.4万円

厚生労働省の調査をもとに算出した、高卒と大学の平均年収を、男女別でそれぞれ見ていきます。

男性の場合、高卒は354.1万円、大卒は464.2万円になります。約110万円年収に差があります。

続いて女性です。高卒は264万円、大卒は346.6万円となっています。こちらも大卒の方が高く、約80万円の差があります。

男女あわせても、平均年収には100万程の差があります。年間これだけの差があると生涯を通じてもらえるお金はどれほど違うのでしょうか?

(参考:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況 学歴別にみた賃金」)

高卒・大卒の生涯賃金

  高卒者の生涯賃金 大卒者の生涯賃金
男性 2億500万円 2億6,190万円
女性 1億4,960万円 2億1,240万円

続いては60歳で退職した場合の生涯賃金を、男性と女性で分けて見ていきます。この生涯賃金には退職金は含まれていません。

男性の生涯賃金は、高卒の場合2億500万円、大卒の場合2億6,190万円となります。
女性の生涯賃金は、高卒の場合1億4,960万円、大卒の場合2億1,240万円といわれています。

男性も女性も大卒と比べると、生涯賃金に6,000万円程の大きな差があります。なぜ高卒と大卒とでここまで大きな差があるのかについては、この先で説明します。

(参考:労働政策研究・研修機構(JILPT)「ユースフル労働統計2022 ―労働統計加工指標集― 21 生涯賃金など生涯に関する指標 p319」)

高卒の年齢別平均年収

年齢階級 男性 女性 男女計
~19 222.7万 212.4万 219万
20~24 245.1万 228万 238.8万
25~29 281.4万 242.4万 268.9万
30~34 313.3万 254.4万 296.5万
35~39 341.6万 259.2万 318.3万
40~44 369.2万 266.7万 339.7万
45~49 399.2万 281.6万 361.9万
50~54 415.8万 283.8万 372.4万
55~59 422.1万 288万 377.4万
60~64 325.6万 250.6万 302.5万
65~69 285.6万 240万 272.1万

ここでは、厚生労働省の調査をもとに算出した高卒の平均年収を、年齢別に見ていきます。

男女ともに平均年収のピークは55~59歳で、ピークまでは年齢を重ねるごとに平均年収も上がっていく傾向にあります。

(参考:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況 学歴別にみた賃金」)

高卒が大卒よりも年収が低くなる理由

ここからは高卒が大卒よりも年収が低くなってしまう理由について見ていきます。

高卒の年収が低くなる理由として、大卒の方が評価されることが多いことが挙げられます。
それらについて詳しく見ていきましょう。

大学に入学・卒業したことへの評価

大卒の方が年収が高い理由の1つ目が、大学に入学・卒業したことへの評価です。

大卒は大学受験を乗り越え、卒業するための単位の取得や卒業論文などを経験しています。

大学生というとたくさん遊べるといったイメージもあるかと思いますが、卒業するにはそれなりの努力が必要です。それらの経験が評価されます。

そのほかにも日本には昔からの学歴社会が根付いているため、高卒よりも学歴の高い大卒の方が評価が高くなるとされています。

大卒は4年間さまざまなことを学んできている前提

2つ目は、大学で4年間様々なことを学んできているという前提があることです。

一般教養はもちろんのこと、それぞれの専攻科目の知識やコミュニケーション能力に価値や期待を見出し評価につながっています。

高校では一般的な科目を幅広く学んでいきます。しかし、大学は一般的な科目を学んだ上で、一つのことを専門的に学んでいきます。

その道のプロである教授に教えられ、専門的な知識を身につけることができるため、より高い知識・能力を身に付けることができます。

そのため、年収も高まっていくと考えられます。

年収が高い大企業には大卒でないと入りにくい

3つ目は、年収の高い大企業は大卒でないと入りにくいということです。

年収が高い理由は、専門的な知識や能力が必要となる仕事に従事することができるからです。高卒では専門的能力を、就職前に身に付けることは難しいです。

そのため、高卒よりも大卒や専門卒が優遇されています。

応募者が専門的な知識・能力を身につけていることを前提として採用活動をしている会社も多く、特に大企業などは、募集要項で「大学卒業以上」を条件としている場合も多いです。
その為、高卒の場合大企業を目指すことは難しくなります。

高卒で年収を上げるには?

高卒で年収を上げるには?

 

ここまでは高卒は大卒と比較して、年収が低くなってしまう理由を見て来ましたが、高卒でも年収を上げる方法はいくつかあります。

ここからは、高卒者が年収を上げる方法について見ていきます。自分にあった方法を見つけて、年収アップを目指しましょう。

専門的な知識や資格を身につける

専門的な知識や資格は学歴に関係なく就職や転職の際のアピールポイントとなります。
専門性の高い知識や希少性の高い資格を身に付けることで、就職転職市場で自身の価値が上がり、給料の高い専門職に就くことができるようになります。

また、資格を所有していることで手当が支給される場合もあります。
資格入手により、年収が上がることがあるため、資格取得に挑戦しても良いでしょう。

学歴は今すぐ変えられるものではありませんが、知識や資格を身につけることはできます。自分が身につけたい、または就きたい仕事に必要な知識や資格を確認してみましょう。

スキルを磨いて仕事で成果を上げる

スキルを磨き、替えの聞けない社員となることで、会社での地位も上がっていき、収入も上がっていきます。

ひとつの企業に勤務し続け、成果をしっかりと上げていくことで、年を重ねるごとに昇給し年収を高めることにつながります。

スキルを磨くことで技術者としてキャリアアップすることも可能であり、それに伴い収入を上げることもできるでしょう。

収入源を増やす

副業などをして収入源を複数持つことでも、収入を増やすことができます。最近では一般企業でも副業が可能となっているところが多くなっています。

時間に余裕がなく副業する暇がないという方がほとんどだと思いますが、時間に余裕があり、企業も禁止していないのであれば、始めてみるのも良いでしょう。

まずは空いている時間に簡単にできるものから挑戦し、自分の生活に合ったものを探してみてはいかがでしょうか?

サラリーマンの副業として、株やFXなどの投資、ブログなどのアフィリエイト、クラウドソーシングなどが人気とされています。ただし、株やFXはリスクもあるので最低限の知識が必要になります。

転職する

現在働いている会社よりも給料が高い企業に転職するか、スキルを身につけることができる仕事をすることで、将来的に年収を増やすことができます。

ひとつの会社で少しずつ年収を上げるよりも、現在の年収よりも高い年収の企業に転職することで一気に年収を上げることも可能です。
しかし、現在の職場での人間関係や福利厚生に満足している場合、転職後に問題が生まれる場合もあります。

そのため、転職をする際にはしっかりと企業について調べ、自己分析なども怠らないようにしましょう。

高卒の初任給が高い業界ランキングTOP5

高卒の初任給が高い業界ランキングTOP5

 

ここからは高卒の初任給が高い業界のランキングトップ5を見ていきます。

  業界 初任給
第1位 建設業 17万6千円
第2位 情報通信業 17万1千円
第3位 卸売業、小売業 16万8千円
第4位 教育、学習支援業 16万8千円
第5位 宿泊業、飲食サービス業 16万7千円

厚生労働省の令和元年の調査によると、高卒初任給の高い業界は1位から順に、建設業、情報通信業、卸売業・小売業、教育・学習支援業、宿泊業・飲食サービス業でした。

(参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:3 主な産業別にみた初任給」)

ここからは、これらの業界についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

1位:建設業

建設業は、住宅や施設といった建物を作る建築の分野と、道路などのインフラ整備をする土木分野があります。
どちらもオフィスワークではなく、現場に行くことが多いです。

建設業は、取得している資格を重視する業界となります。そのため学歴よりも経験を積み、資格や免許を取得することで、高収入を目指すことができます。

高卒者の初任給は、前述の17万6千円です。

スーパーゼネコンと言われる大企業に就職した場合の年収は700万円から1,000万円と言われています。ただし大企業では高卒者の割合は少ないです。

建設業で高収入を目指すのであれば、国家資格の建築士を持っていると役に立つでしょう。

2位:情報通信業

新型コロナウイルスの影響もあり、テレワークやオンライン会議が当たり前となりました。インターネットはなくてはならないものとなっています。

通信業界では、学歴よりも実務経験の方が重視されるため、実務経験が豊富であれば大手企業に正社員として転職する人もいます。

情報通信業の高卒者の初任給は17万1千円です。

実務経験が豊富であり活躍できる場合は、高卒でも1,000万円を超える方もいます。

情報通信業は未経験でもはじめられるといった点が魅力的です。
しかし年齢が上がるほど求められる実務経験も上がってくるため、転職するのであれば若いうちが良いでしょう。

3位:卸売業・小売業

卸売業は、商品を小売業者へと販売(おろす)仕事で、小売業は、卸業者から買った商品を一般消費者へと販売する仕事です。

小売業は幅広く、スーパーやデパートでの販売や、アパレル関係のスタッフなどがあります。資格などは求められず、未経験でも簡単に始めることができます。

高卒者の初任給は16万8千円です。

コミュニケーション能力やお客様や世間のニーズを察知する力などが求められます。

4位:教育・学習支援業

教育・学習支援業界は、労働時間の長さが年収の高い理由となります。

学校や学習塾の先生の「過重労働」が社会的問題ともなっています。休日出勤・残業なども多くハードだと言われています。

教育に関する仕事は大卒の方が職につきやすいです。しかし、大卒以外で教育に関する仕事をしている方もいます。

教育・学習支援業界の高卒者の初任給は、16万8千円です。

資格など必要な場合、専門学校や短大、通信教育などで学習してから仕事に就きましょう。

5位:宿泊・飲食サービス業

宿泊業・飲食サービスも高卒の初任給が高い職種となっています。

この業界は学歴をあまり重視しません。そのため高卒であっても大企業就職を目指すことができます。

しかし仕事内容はハードであり、勤務時間やスケジュールも不規則であるため体調管理は難しい仕事です。

宿泊業・飲食サービスの高卒者の初任給は、16万7千円です。

この業種では、顧客対応スキルや語学力や観察能力を上げることができます。働きながらスキルを上げることができるため、転職する際に必要なスキルは多くありません。

高卒でも転職しやすい業界

ここからは高卒の方でも転職しやすい業界について見ていきます。転職により今より年収を上げたい方必見です。

IT業界

IT業界は、ニーズの高まりから人材不足の業界です。そのため、未経験でも積極的に採用しているので転職しやすい傾向にあります。

インターネットやウェブ業界、通信業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界などが存在しており、働きながら専門的な知識をつけることができる業種であり転職しやすい業界です。
未経験採用の場合は、入社後に研修など育成に力を入れている企業もあります。

学歴よりもスキルを重視する傾向にあります。そのため自身の成果次第では年収アップも目指すことができます。

未経験でも就職できますが、競争が激しい業界のためすぐに活躍したい方は、転職前にプログラミングについて勉強したりスクールに通ってみることをおすすめします。

建設業界

建設業界は、学歴よりも実務経験や資格を重視するため高卒者でも収入アップを目指すことができます。
また労働者の高齢化が進んでおり、現在人手不足となっています。

建設業界は若手人材採用を積極的に取り組んでいます。ビル建設・新興住宅開発など建築業界が衰えることはないため安心して働くことができます。

「施工管理技術認定」といった専門的な資格を取得することで、現場監督として打ち合わせなどにも幅広く携わることができます。

未経験からでも始められ、様々なスキルを身につけることのできる業界になります。

飲食業界

飲食業界は、いわゆるサービス業になります。

高卒者の社会人経験がないことは就職活動でマイナスになりがちですが、高校時代のアルバイト経験などをアピールすることで入社することができます。

また体力が必要な仕事であり、人の入れ替えが激しい業界です。
生活リズムがこれまでと変わってしまう可能性もありますが、マネジメント力やコミュニケーション力、さらに調理までの幅広く力をつけることも可能な業種です。

まとめ:高卒でも年収は上げられる!給料で悩んでいるなら転職を検討してみよう!

今回は高卒者と大卒者の年収の違い、高卒者の年収の高い職業、年収アップをするならばどの業界がおすすめなのかを見ていきました。興味のある業界などはありましたか?

学歴を問わす未経験からでも始められる仕事や、高卒の人を採用する企業はたくさんあります。しかし、転職するならば経験やスキルをこれから十分詰めるようになるべく早い方が良いでしょう。

バイトルNEXTでは様々な業界の求人を扱っています!たくさんの求人の中から自分の希望する給与額や業種を選ぶことができます!
バイトルNEXTで転職先を見つけ、今より年収をアップさせ、充実した生活を送ってみませんか?

 

さっそくお仕事を探してみよう

カテゴリ一覧