Non Stop Rabbit インタビュー - 激的アルバイトーーク!|バイト

日本最大級のアルバイト求人情報サイト“バイトル”とSkream!による“激的アルバイトーーク!”の今回のゲストは、ロック・バンドでありつつ、“音楽×お笑い”をテーマにした音ネタ動画などを投稿するYouTuberとしても注目を集める3ピース、Non Stop Rabbit(通称:ノンラビ)が登場。動画きっかけでノンラビを知る人も多いようだが、入口こそお笑いやおふざけがたっぷりなものの、その姿とは一線を画す熱い想いや志を乗せた曲、歌心のある曲を真摯に伝える、バンドマンとしての3人のギャップもまた人気の由縁だ。新たな発信の道を生み出す3人は、これまでどんなアルバイトをし、どんな思いを持ってバンド活動を進めてきたのか、話を訊いた。また今回は、Non Stop Rabbitにインタビューをするドリームバイトに選ばれた大学生、原 あいみさんもSkream!編集部員として取材に参加。ノンラビのメンバーに直接インタビューしてもらった。

Non Stop Rabbit

Profile

メンバー:矢野 晴人(Vo/Ba) 田口 達也(Gt/Cho) 太我(Dr)

-みなさんはこれまで、どれくらいアルバイトの経験をしましたか。

田口俺は10個以上やっているから数としては多いかもな。ただ、2ヶ月以上続いたことがないんですよね。数ある中から選べるんだから、我慢してそこにいる必要はないと思うんですよ。

太我僕は5つくらいやりましたね。

矢野僕は4つくらいで、みんなと違って長く続けられるタイプです。

-具体的にはどんな仕事をしましたか。

田口和食料理屋とか居酒屋系、カフェ、あとは清掃や引越しに、パチンコ屋……そのくらいですかね。最初は高校生のときで、和食料理屋でした。

矢野僕は、高校1年のときに学校の近くにあったお好み焼き屋さんでのバイトを始めて、そこで5年くらいやって最後はバイトリーダーになりました。あとは焼き鳥屋さんも掛け持ちしたり、引越しとか派遣の仕事もしたりしてました。

田口引越しは最近までやってたよね。しかも、バイト先でノンラビの人だってバレてた。

矢野去年の夏くらいまでやっていたんですけど、トラックで隣に乗った同じバイトの子が、ノンラビのことを知っていて。めっちゃ驚かれたんです。

太我めっちゃダサい(笑)。

矢野そういうこともあったので、ぼちぼち辞めたんですけど(笑)。

田口どんな顔して荷物持てばいいんだろうってなっちゃうからね。やっぱりカッコつけた方がいいのかとか。

Non Stop Rabbit

-太我さんはどうですか。

太我僕は、ラーメン屋を2ヶ所と、コンビニとファミリー・レストランのデリバリーをやっていましたね。ラーメン屋は1日で辞めちゃいましたけど……。

田口それは、バイトやったとは言わないから。

太我ひとつ目の店は厨房が暑いからっていう理由で、これは自分には続かないなと。ふたつ目の店は、面接のときはお店の人がめっちゃ優しかったんですけど、出勤初日にめちゃくちゃ厳しくなっていて。すごい怒られるんですよ。これは違うなと思って。

田口あかんやん、3人中ふたりヤバい奴じゃん(笑)。

矢野向いてないよ、この取材。

田口これ載せられるんですか!?

太我いやいや、ここからが本番だから。コンビニはちゃんと続いたんですけど、時給が安かったのでもっと給料がいいところに、というのでデリバリーに変わったんです。配達は、忙しくないときは少しゆっくり帰ってきたりとか、忙しいときは誰よりも早く帰ってきたり。自分で配分ができたので、やりやすかったですね。やらなきゃいけないところではしっかりやっていました。

田口でも店長から言われてたんでしょ? “太我君は怒ると帰ってこなくなっちゃうから”って。そんなデリバリーのバイトいる?

矢野すねて帰ってこないバイトね(笑)。

太我たしかに。“あまり指示を出しすぎるとすねて帰ってこなくなるから、太我君に言いすぎないで”っていうのがありましたけど、うまくやってましたよ? このファミレスのデリバリーはバイト仲間もたくさんいて友達もできたので。バイトってそういう友人関係も大事じゃないですか。友達がいるから続けられましたね。

-引越しのバイトを経験した方も多いですが、みなさん単発の派遣バイトなども多くやっていたんですか。

田口ライヴ制作の裏方の仕事で、ケーブルを運んだりしたこともありましたね。そういう現場だと、“おい、そこの金髪!”みたいに呼ばれるんです。あのときの経験で、自分がステージに立つようになったときは、バイトの子に優しくしようと思いました。こんな上司がいるなら、アーティスト側がそこを言ってあげないといけないなって強く思いましたね。今は自分たちのライヴでもバイトで入ってくれる子が増えてきていますけど、かわいくてしょうがないです(笑)。あと変わったもので言うと、高級住宅を案内するというバイトもしました。現地でお客さんと待ち合わせて内見するんですけど、こっちも初めて入る部屋だったりするので、“これってこんなふうになっているんですね”ってお客さんが言うのを、“そうですね”って一緒に喜ぶみたいな(笑)。楽しかったですよ。家賃が50万円の部屋とかを見に行けますからね。

矢野僕も派遣が長かったですけど、いろんな仕事があるんですよ。一番良かったのが、倉庫に行って荷物を降ろすだけの仕事で。“すぐに終わるよ”とは言われていたんですけど、トラックからロッカーみたいなものを10個くらい降ろしたらもう終わっちゃって。9時に出勤して10時くらいには帰れましたね。でも日給は貰えるんです。派遣はそういうのが多いので、運次第でもありますよね。

-みなさんそうしたバイト生活とバンド活動を並行していたんですね。大変さはありましたか。

田口基本的にお金がなかったので大変ではありましたね。路上ライヴをやっていたときは、タダでCDを配っていたんです。一度に200~300枚配るので、バカにならない額なんですよね。3人とも家賃や食費を最低限に抑えて、活動費用やCD-Rを買うお金を用意して。スタジオとかにある機械でみんなで音源をCDに焼いて、コンビニで印刷したジャケットを入れてという。ギリギリの生活をしながら、そういうことをやっていましたね。あともう200円しかないとか、そんな生活でしたよ。

Non Stop Rabbit

-先行投資みたいなものですね。練習やライヴ活動と働く時間との兼ね合いはどうしていたんですか。

田口そこはまぁ、寝なきゃいいというか(笑)。

太我練習や曲作りを深夜にやったりね。

田口結成したての頃は、3人でひとつの部屋に泊まって朝まで曲を作るとかはよくありました。朝になったらそれぞれバイトに行って、とか。

矢野で、路上ライヴもしてという。

-そういう生活はどのくらい続いたんですか。

田口そんなに長くはなかったですね、1年もやってないかな。人が集まりすぎるようになってしまって、路上ライヴができなくなったんです。その後は代わりに、動画を撮るっていう別の作業が増えていったので、かかる時間や労力は変わらないですけどね。

-なるほど。では、バイトをしていて良かったこと、学んだことはありますか。

太我バイト仲間は僕がバンドをやっているのを知っていたので応援してくれたし、今もみんなライヴに来てくれるんですよ。それは嬉しいですよね。

田口僕はバイト先の人で今も連絡をとる人はいないですね。バイトは生活をするためにしていただけなので。とにかく音楽に投資するためのお金と、生活するためのお金を効率的に稼ぐ場所だったんです。僕はそうやって割り切っていました。でも、最後に働いたカフェは店長がすごく寄り添ってくれる人で。“何かあったら、すぐに連絡しておいで”とか、バイト中も“今バンドの方が忙しいんでしょ”って気を遣ってくれましたね。余ったパンを全部くれたりもして。大きな袋いっぱいに詰めて、それを背負って電車で帰るみたいな。

矢野そのパンを僕らも食べてました。

太我そうだったね。

田口それはありがたかったですね。

-バイトをしながらバンドをやっていた時期を振り返ると、どんな時間だったなと思いますか。

田口あまり変わっていないと思います。バイトしながら路上ライヴをやっていた、バイトしながらYouTubeをやっていたというだけで。今やっていることも、ほぼ変わっていないんですよね。ただバイトがなくなっただけで、行動したり考えたりしている量は、絶対にバイトしているあの頃よりも多いと思うんです。

矢野ただ、バイトしながら何かをするというめちゃくちゃ苦しい時代があったから、今それよりも苦しいことはないというか。何をしていても、今の方が絶対にいいし。苦しい時代を味わったからこそ、人一倍この環境に感謝できて、幸せなことなんだなと噛み締めることはあります。

バイトをして苦しい時代を味わったからこそ、人一倍今の環境に感謝できる(矢野)

Non Stop Rabbit

-みなさんはYouTuberとしていろんな動画を撮っていますが、ネタも豊富だし喋りも達者じゃないですか。ああいったトーク力はどのように培っていったんでしょうか。

田口トークをバイト先で試してましたね。これおもろいかもなって思ったことをバイト先で話して、ウケたらそれでいいし。そしたらバイト先でも“こいつはおもろい奴”ってなるから。両方いいなという。結構試しまくってましたね。

矢野僕は、お好み焼き屋のバイトのときは高校の後輩もバイト先にいたので、よく話したりしてましたね。僕は厨房だったんですけど、フロアにいるみんなと話したりとか。ムードメーカー的に場を盛り上げるというか、そういうのはありました。やっぱり楽しい方がバイトもあっという間に終わるじゃないですか。

太我僕は昼間の時間帯によくバイトに入っていたので、主婦の方とか年上の方と一緒に働くことが多かったんです。だから少し上の世代とも話せるようになって。

田口どんな話するの? 息子の愚痴とか聞くの?

太我そういうのもあるし、意外と恋愛のことで悩んでいたりするんですよ。夫婦の関係とかも、意外と僕らの悩みと同じような感じで。恋愛っていつまで経っても変わらないんだなぁって──

田口なんやそれ。

太我相談も受けましたね。“これってどういうことだと思う?”って。ちゃんと答えてましたよ。

Non Stop Rabbit

-では今、当時の自分たちと同じように夢を持ってアルバイトをしている人に、みなさんからのメッセージをお願いします。

田口いろいろなことをやってみた方がいいと思いますね。バイトって、学校だけじゃ得られないものがあるし、自分で稼いだお金を持つことは大事だと思うんです。それをどう使うかっていう勉強も、バイトをしていないとできないことで。バイトをせずに急に社会人になって、月に給料20万円貰ったところでなかなか実感が湧かないこともあると思うし。あとは、今やっていることとは真逆のことをやってみたらいいんじゃないかな。例えば、音楽を目指していたとしたら、それとは違うことをやってみる。そこに面白いことがあったりもすると思うんです。

矢野バイトだけしてると結構充実しちゃうんですよね。バイトをやっていることで、これも夢のために役立っているんじゃないかって錯覚しちゃうというか。スケジュールが埋まると何かやっている気になってしまって、ズルズル過ごしてしまうと思うので。何か目標があるなら、あくまでも割り切った方がいいと思います。

-ここまでに何かを成そうと、期限を決めていたこともありますか。

矢野うん、みんなそうじゃないかな。

田口俺らは“25歳までに音楽で飯を食えるようにならなかったら、全員バンドを辞める”というのはありました。

矢野そういう思いで組んだバンドなので。リミットは大事だと思いますね。

太我たしかに。ただ、例えば将来は音楽がしたいとかはなく、就職しようかなと考えている人は、社会を知るためにも居酒屋のようなところでバイトをしたらいいかもしれない。ああいうふうに常に忙しくて、いろんな人がいる職場って一番会社に近いと思うんです。上司との付き合い方を学んだり、他のスタッフがうまいことやっている間に自分はやりたくない仕事をやるはめになったり、俺がこんなにやっているのに時給は一緒なのかとか、いろいろ思うところはあると思うんですよね。そこでひとつひとつ学ぶというか。

矢野いや、厨房が暑いってラーメン屋辞めた奴が何言ってんの(笑)。

-(笑)いい話をありがとうございます。では、ここでドリームバイトの原さんにバトンタッチします。

原あいみです。Non Stop Rabbitは最初に動画で知って、ライヴによく行くようになりました。今日は、直接質問ができるということで緊張しているのですが、よろしくお願いします。

矢野ありがとうございます。そうですよね、見たことがあります。

田口嘘つけ!

矢野ほんとほんと。なんとなくですけど見覚えがありますよ。

Non Stop Rabbit

ありがとうございます(笑)。では早速最初の質問です。ノンラビの曲、歌詞の内容についてはご自身の体験をもとに書かれているんでしょうか。

田口はい、そうですね。

私は「1ミリ先の努力」(2018年リリースの1stフル・アルバム『全A面』収録曲)という曲が大好きなんですが、あの曲にどんな経験や想いが込められているのか、曲の背景が知りたいです。

田口俺が曲を書いているときに思うのは、必ず誰かのためにならないといけないな、ということで。誰かのためになるということは、まず自分たちに響かなかったら、誰にも響くことはないんですよね。自分の心に刺さる曲を大事にして、それをデモにしてふたりに聴かせたとき、刺さる曲は明らかに反応でわかるから。そういうことは意識していますね。「1ミリ先の努力」のときは、ちょうど地元に帰って高校時代の同級生と話していたときに、その子が“自分の誕生日にお父さんが死んだ”と言っていて。“なんでそんなことが起きたと思う?”と質問したら、“俺が夢を途中で諦めたから、お父さんが天罰を下すために俺の誕生日に死んだんだ”と言っていて。俺は、絶対にそうじゃないよと思ったんです。そう思っている奴に何度“それは違うんだよ”と言ってもダメだけど、曲でだったら一発で“違う”って言い切れるんじゃないかと思って。これを音楽にして伝えようと思った結果、「1ミリ先の努力」ができたんです。要するに、何かを諦めてしまった奴でも、俺らがどんどん前に進んでいって輝いている姿を見せれば、もう一度夢を追ってもいいんじゃないかなと思えるんじゃないかって。そんな曲を作れたらいいなと思って作った曲なんです。

ライヴを観ていても、ノンラビ自身が自分たちの曲を大切にしてるのは感じます。では、どうしてみなさんはアーティストになりたい、バンドをやりたいって思ったんですか。

矢野僕は、物心ついたときから、なぜかわからないですけど有名になれる気がしていて。

田口大物だな。

矢野学校でもみんなの中心にいて、先生から母親に“晴君(矢野)の周りにはいつもみんながいて、笑っているんですよ”という話をしていたこともあったらしいんです。自分でもそれは感じることがあって。嫌な意味ではなくて、自分は周りとは違うなと思ったんですよ。なので高校ではバンドをやりたいなと思って、バンドやるなら有名になりたいっていうのがずっとあったんです。それで今に至ります。

いろいろと表現するものがあるなかでも、なぜ音楽が良かったんですか。

矢野小学生のとき、倉庫に父親が昔使っていたギターがあったのを見つけたんです。それがきっかけでしたね。車に乗って家族で出掛けるときも、親がよく音楽を聴いていたし、カラオケに行ったりして、歌うことも好きだったんですよね。

太我僕は高校生のときにUVERworldのライヴに行って。そのときドラムが一番前に出てくる演出があったんです。前から3列目くらいで観ていたんですけど、目の前にドラムがあって、すごい迫力でかっこ良くて。自分もこうなりたいなっていうのが最初でしたね。ザ・憧れみたいな感じで。自分もこうなろうって。

田口俺は、お父さんに騙されました。

騙されたんですか?

田口中学生くらいのときに父親が、“俺は、ギターを弾けたからめっちゃモテたんだ”と言っていて。それで自分もギターを始めてみたんです。最近気づいたんですけど、お父さんギター弾けなかったんですよね。

矢野壮大なドッキリやな。

田口今は、俺がお父さんにギター教えてるんだけど(笑)。そんな感じでギターを始めて、音楽面白いなって思ったんです。実は上京した理由はバンドじゃなくて役者を目指してだったんですけどね。でもその当時も、何か勝負をするときや頑張らないといけないときに、音楽にすがっていたんです。音楽を聴いて頑張ろうって思ったり、失恋したときは音楽を聴いて泣いたり、いいことがあったときも音楽を聴いて喜んだりしていたんですよね。結局、俺には音楽の方がいいのかもなって、気づいたら曲を作っていたんです。

自分たちの音楽でこういうことを伝えたいとか、世界をこうしたいなど、思っていることはありますか。

田口極端な言い方をすると、音楽は宗教や政治に近いと思っていて。俺たちのファンが日本全国にいたら、俺たちが“こうだ”と言えばそうなってしまう可能性もあるわけですよね。それをいい意味で使いたくて。俺たちが“諦めなかったからここまで来れた”、“新しい道だけを進んできたからここまで来たんだ”と言って、若者がそれにならってくれるとしたら、10年後、20年後の日本ってめちゃくちゃ力がつくと思うし、面白いと思うんです。俺たちはライバルが出てこないと面白くないと思っちゃうタイプだから、どんどんいい曲を作って、下の世代に“変なことやれ、面白いことやれ”って煽りたいんです。これから変な奴がバンバン出てきて、ノンラビに対抗してきたら嬉しいなっていう。それはあるかもしれない。

ライバルが出てこないと面白くない。どんどんいい曲を作って下の世代に“変なことやれ、面白いことやれ”と煽りたい(田口)

Non Stop Rabbit

そういう思いがあるんですね。

太我僕は、意外とこの世の中は自由だなと思っているんです。ドラムも、最初に練習しているときはこうしなきゃいけない、ああしなきゃいけないとか、技術を習得する必要はあるけど、ある程度のラインに来るとドラムって意外と自由なものなんです。それは他のことにも言えるんですよね。ファッションにしても“こう着たら変なのかな”と思っていたものでも、ある程度いろいろやってみると“もっと自由にやっていいんだ”ってわかるし。若い人には、もっと自由さがあるんだということを知って、暴れてほしいですね。そのぶん、ちゃんと勉強をしなきゃいけないですけど。ふざけたことをやっている人って、意外と根は真面目な人が多いと思うので。

矢野僕たちは今YouTuberもやっていますけど、それは自分たちでやりたいと思って始めたことで。最初の頃は批判もあったし、マイナスなことも言われたんです。でも、どんどんやりたいことにチャレンジしてほしいと言いたいですね。そのためには、僕たちが正しいんだということをもっと証明しなきゃいけないし。俺たちができているんだから、どんどんやってほしいというのは伝えたいかな。

わかりました。ありがとうございます。

田口他にも聞きたいことがあれば、なんでも聞いてください。

ありがとうございます。ではみなさんは、休みの日には何をして過ごしていますか。もしくは、今もし休みがあったとしたら何がしたいですか。

田口休みたくないですね。休みができたら仕事が減ったんだなって思ってしまうので──

矢野もしあったら、だからね。

田口そしたら海外に行きたい。でも海外行ったら、PVとかの撮影もしたいかなぁ。なので、やっぱり仕事がしたいです(笑)。

矢野僕も、特に今は休みにやりたいことはないかな。

太我自分ひとりが休みでも楽しくないですよね。仲のいい人全員を休みにしないと、面白くないので。みんなが休めるならどこかに行きたいです。

田口休みがあったら寝たいというのはよくあるし、今でこそ寝る大切さもわかりましたけど、バイト時代は寝たら寝たぶんだけ遅れをとってる感覚はあったな。例えば3時間寝て、次の日に5時間寝たら、2時間も損した! っていう。もしこの日3時間で起きた奴がいたら、確実にそいつに負けてるんだなって思ってしまうし。それが積み重なって1年後や5年後に、俺とそいつの差になるんだなって思っていたんです。狂気に近いですよね。路上ライヴをしていたときも、普通は雨が降っていたらできないけど、雨だから行かないと言うメンバーがまずいない。

矢野とりあえず行くでしょっていう。

Non Stop Rabbit

田口それで片道2時間、下道で行くっていうことをしていました。

矢野雨でも、アンプだけに傘を差して俺らはずぶ濡れでやったり(笑)。

田口そうだった。逆に質問なんですけど、僕らのライヴはどうですか。

ライヴに行くと元気を貰えます。楽しいときももちろん、真面目に伝えてくれる場面もあって、笑ったり泣いたりと忙しいです。ノンラビ繋がりで仲のいい友達もできました。

矢野それは良かった。

これからもライヴに行きます。今日はどうもありがとうございました。

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by うつみさな

 

skream
  • \「Non Stop Rabbit」のような経験が積める
    “バイト探し”はコチラ!/
  • https://www.baitoru.com/

カテゴリ一覧