まねきケチャ インタビュー - 激的アルバイトーーク!

応募はこちら!!!

日本最大級のアルバイト求人情報サイト“バイトル”とSkream!による“激的アルバイトーーク!”の今回のゲストは、現在全国ツアー“まねきケチャワールド”を開催中のアイドル・グループ、まねきケチャの5人。2015年にデビューし、日本武道館でのライヴも成功させた、歌唱力もキュートなルックスも抜群の5人はこれまでにどんなアルバイトを経験し、またどんな学生生活を送ってきたのか話を訊いた。また今回はまねきケチャにインタビューをするドリームバイト企画で選ばれた佐々木南帆さんも、Skream!編集部員として取材に参加し、ユニークな質問で5人の本音を聞き出してもらった。

まねきケチャ

Profile

メンバー:中川 美優 宮内 凛 松下 玲緒菜 深瀬 美桜 篠原 葵

-みなさんはこれまでにどんなアルバイトをしてきましたか?

深瀬私はスーパーで──

宮内え、そうなの? 知らなかった(笑)!

深瀬ちょっとだけなんですけどね。家の近くにあったスーパーでレジ打ちのバイトを半年とか、1年くらいやっていました。スーパーなので、年上の方たちが多かったんですけど、仲良くなりましたね。すごく優しくしてくれて。私がアイドルをやりたいんだという話はしていたんです。“頑張ってね、CD買うよ”って言ってくれたり、応援してくれましたよ。

松下スーパーは、すごく意外。私はアルバイトをしたことがないんです。

まねきケチャ

篠原私もないです。

中川私はいろいろやりました。最初は、豚丼屋さんでしたね。高校がたしか最初の夏休みまでバイトをしちゃいけなくて、それで夏休みになった瞬間、やっとできるって思って、とりあえず学校の近くにあったお店でバイトをしました。そこは、1年くらい働いて、そのあとは卒業するまで居酒屋で働きましたね。休みの日に、バイト仲間で遊びに行ったりもして、楽しかったですね。あとは、お洋服屋さんとか。

もっと変わったバイトもやっておけばよかったなって思うんです。
こういうときに、話もできるじゃないですか(中川)

まねきケチャ

-お洋服屋さんでのバイトというのはどんな感じだったんですか?

中川地元の古着屋さんだったんですけど。自分でコーディネートをしてTwitterに上げるとかしていました。そのあと服飾の学校に進学するので上京したんですけど、そういうところでは生かされているなと思います。あとは工場でスマホ・ケースに住所のシールを貼るとか、お歳暮を詰めるとか、そういう淡々と同じ作業をするのは向いてるなと感じました。TOEICの試験官というのもやりましたね。東京に出てからはテレアポのバイトとかもしてました。これは向いてないなって思いましたけど。

-本当にいろんな仕事をしていたんですね。

中川そうですね。特に東京はお金がかかるので。私は、家賃や生活費も全部自分で出していたんです。

-それくらい腹をくくって東京でやっていくんだっていう思いだったんですね。

中川そうでしたね。

-宮内さんはどうですか?

宮内私は高校生のときのバイトが最初で。地元によく家族で通っていた韓国料理屋さんがあるんですけど、親に“高校生になったし、そろそろバイトの経験もしたほうがいいんじゃない?”って言われて、それなら、そこのお店の店長さんとも知り合いだし、私、韓国が好きなので、韓国語の勉強にもなるかなって思って、それも兼ねてやり始めました。

-韓国語はいろいろ教えてもらったんですか?

宮内はい。仕事の合間にちょこちょこと教えてもらいました。あとそのお店は、賄いがおいしかったです(笑)。知り合いの方だったのもあって、アットホームな職場ですごく楽しかったし、社会勉強にもなりましたね。その次のカツ屋さんは、都内で何かバイトを探そうってなって適当に検索をして、上のほうに出てきたのがそのお店で、すぐに面接にいきました。原宿のお店だったんですけど、外国のお客さんが多かったんです。なかなか日本語が通じないのは大変でした。

-韓国の方だったら、教えてもらった語学も生かせそうですけどね(笑)。

宮内そうですね(笑)。中国の方が多くて、めっちゃ難しかったです。

-篠原さん、松下さんは何かアルバイトをするならこんな仕事をやってみたいなとかありますか?

篠原おしゃれなカフェの店員さんに憧れてました。働いてみたいなってずっと思っていましたね。

まねきケチャ

松下私は、人と話すのが好きなので、接客業をしてみたいなって思ってました。

-このメンバーの中で一番接客業に向いていそうなのって誰ですか?

松下誰だろう、凛ちゃんかな?

宮内人見知りはしないので、全然いけると思います。

深瀬接客業をやってみるといろんな人がいるなって思いますよね。

-スーパーのレジでは特に、いろんな人が見られそうですね。

深瀬いろんな人がいましたね。毎回来てくれるお客さんとは仲良くなるんです。そこで話をするのは楽しかったですね。大変なのはレジ打ちで(笑)、カゴに商品を積んでいくバランスが、難しかったんですよ。最初にちょっとだけ練習をするんですけど、いろいろコツがあって。今は、それが生かすような機会がなかなかないんですけど。

まねきケチャ

-学生時代のお話もうかがいたいのですが、みなさんはアイドルになりたいとか、そういう活動をしたいって思ったのはいつ頃からだったんですか?

宮内私は中学生くらいからでしたね。そのときは、ただアイドルが好きで、アイドルになりたいというよりは、アイドルに会いたいっていう感じでした。ライヴにもめちゃくちゃ行っていて、握手券のためにCDを買うとかもして、バイト代は完全にオタ活につぎ込んでましたね。でも、そういうモチベーションがあったので、バイトも頑張れました。

松下私は小学校の4年生くらいのときでした。アイドル・ブームが始まった時期で、AKB48さんとかももクロ(ももいろクローバーZ)さんがテレビとかにすごく出ていたんですよね。その時期に、私自身アイドルから元気を貰ったりして、憧れていて。私もそんな存在になりたいなって思ったんです。

深瀬私はスカウトしていただいたんですけど、それまでずっと部活で器械体操をやっていて、中学3年の部活が終わるタイミングで、こっちの道に行きたいなって思ってアイドルを始めたんです。歌って踊ることは好きだったので、やってみようっていう感じでした。今は、ライヴでアクロバットをやったりもできるので、器械体操も生かされてますね。

中川私はずっとアニメが好きだったんです。高校卒業後に、服飾の学校に行くか声優の学校に行くかで迷って、結局服飾の学校に進んだんですけど、声優もやりたいなと思っていたんですよ。そしたらちょうど“新しくアイドル・グループを作るんだけど”という話をいただいて。もしかしたらそこから声優の仕事にも繋がるかなって思って、アイドルになりました。

篠原私は高校生のときで、アイドルが好きで憧れだったので、なりたいなって思って応募しました。

まねきケチャ

-これまでのアルバイトの経験が、今考えてみると自分のためになっていたなとか、こんなことに繋がっているなと思うことはありますか?

深瀬私はレジのバイトで幅広い年代の方と話す機会が多かったこともあって、いろんな人がいるんだなぁっていうことと、そういう幅広い年代の方と同じように接するというコミュニケーションの方法は学びましたね。お店だと怒られるとか、クレームの対応とかも結構あるんですけど、そういう対応ができると一歩大人になったかなと思いました。

宮内私は、原宿のお店で外国のお客さんに接客した経験が良かったなと思いますね。まねきケチャでは海外でライヴをする機会があるんですけど、そのときに、なかなか言語は覚えられないんですけど、ボディ・ランゲージでなんとか伝えるっていうか。国内の特典会でも外国のファンの方が来てくれて、日本語はわからないけど、一生懸命話をしてくれる人もいるんですよ。そういうときはテンションを上げて(笑)、バイト時代の感じを思い出しながらなんとか話そうとしているんです。

-篠原さんや松下さんは、メンバーのアルバイトの話を聞いてどうですか?

篠原美桜ちゃんはすごく意外でした(笑)。

深瀬そうかな(笑)。

篠原でも美桜ちゃんの話しやすい雰囲気は、接客に合ってるなって思います。

深瀬嬉しいです。

松下私は、美優ちゃんがいろんなバイトをしてたことを初めて知れたので、いい機会でした。

宮内普段はなかなかバイトの話はしないですしね。私も、美優ちゃんがまさかこんなにいろんなバイトをやってるとは思わなかったです。あとは私も美桜ちゃんがバイトしてたのにびっくりした。

アイドルになっていなければ、たくさんの方に出会うことはなかった。ファンの方やメンバーとの出会いが一番嬉しい(宮内)

まねきケチャ

中川そうだね。

宮内それもレジ打ちだった。

深瀬最初は全然お札を数えるのとかもできなくて、練習しました(笑)。

-バイト経験をして、今こうして社会へ出て仕事をしているからこそ、よりありがたさやコミュニケーションの大事さもわかりますよね。では、同じように夢を持ってバイトをしながら活動をしている人へ、まねきケチャのみなさんからメッセージや経験を踏まえたアドバイスがあればお願いします。

宮内将来何がどんな形で生かされるかわからないので、何事も頑張ってみるのがいいのかなって思いますね。いつか役に立つことは絶対にあると感じるので。

深瀬そうだね。無駄なことはないと思うから、とりあえずやりたいって思ったら行動に移すのが一番かなって感じます。

中川私は、もっと変わったバイトもやっておけばよかったなって思うんです。こういうときに、話もできるじゃないですか(笑)。

-たしかにネタになりますよね。

中川私がやった中で一番変わったものは、TOEICの試験官ですかね。私は外回り担当だったので、外で不審者が入ってこないようにという試験官だったんです。

宮内そういう試験官もあるんだね。

中川だから、ほぼやることがなかったんです。ただ、その仕事で初めてスーツも着たのは、いい経験でした。

-いろんなお話をありがとうございました。ではここで、ドリームバイトの佐々木さんにバトンタッチします。

佐々木今日はよろしくお願いします。早速なのですが、先日全国ツアー“まねきケチャワールド”(10月より開催中)の初日、恵比寿ザ・ガーデンホール公演におうかがいしました。すごく楽しいライヴだったのですが、まずは、みなさんの今回のツアーへの意気込みを聞きたいです。

まねきケチャ

宮内全国ツアーは久しぶりで、同時にリリース・イベントもあって、全国のいろんなところに行けるんです。普段SNSとかでコメントをくださったり、遠くから応援してくれたりしている人には、なかなか会いに行けなかったので寂しかったんですけど、今回は各地に行けるので、すごく楽しみですね。

松下まず、ツアーの初日を無事に迎えられて、たくさんの人に来ていただけたので、いいスタートが切れたなと思います。私は名古屋出身なので、今回のツアーで、地元の名古屋でワンマン・ライヴができる(※取材は10月上旬)のがすごく嬉しいですね。親が来てくれたりとか、関東のファンの方も会いに行きますという人もいたりするから、すごく楽しみなんです。

深瀬全国ツアーってたくさんの人に出会えるいい機会だと思うので、これをきっかけにまねきケチャをいろんな人に知ってもらえたらいいなとも考えています。これから頑張って、全国を回ってきたいと思いますね。

中川今回はいつもよりもいろんなところに行けるんですよね。例えば、広島とかはこれまでなかなか行けなかったんですけど、行くことができて。あとはなんと言っても、地元の北海道でのライヴがあるので。北海道のファンの方はなかなか東京には来れないだろうし、家族や友達にも観てもらえるから頑張ろうって思います。

篠原全国でいろんなところでライヴができるので、普段はなかなか東京に来れないという人も、この機会に会いに来てくださるっていうのがすごく嬉しいです。なので、頑張っていきます!

佐々木初日のライヴの感触はどうでしたか?

宮内すごく雰囲気のいいライヴだったなって思って。終わったあとも疲れたっていうよりは楽しかったというほうが大きかったので、いいスタートを切れたなって感じました。

佐々木ありがとうございました。では、みなさんがアイドルで良かったとか、幸せだなって思う瞬間はどんなときですか?

宮内私は、歌って踊るのが好きなので、ライヴをしている瞬間が楽しいですね。あとは、アイドルになっていなければこんなにたくさんの方に出会うことはなかったと思うので、いいファンの方に恵まれたり、メンバーともこうして出会えたり、そういう出会いが一番嬉しいです。

まねきケチャ

松下私たちは、100パーセント生歌でやっているので、ライヴでは毎回気持ちの入れ方も違うし、切ない歌のときは、自分の気持ちをバーン! と伝えることもできるし、ステージの上は自分を表現できる場所だと思うんです。アイドルになっていなかったら、そういうこともできていなかったし、もともとすごく人見知りで、あまり人前に立つタイプではないんですけど、アイドルを始めて自分は変われたなって感じます。

深瀬ライヴをしてステージで歌っているときが、一番“あぁ今アイドルしてるな”と思って楽しいんですけど、あとは特典会とかですね。ファンの方は、自分のことを一番見てくれているから、変化にも気づいてくれるし、頑張ってるのを見てるよって言ってくれるのがすごく嬉しいんです。たくさんの人に見てもらえているのが嬉しいですね。

中川私は、今まねきケチャでアニメ“ゲゲゲの鬼太郎”のエンディング主題歌「鏡の中から」を歌わせてもらっている(※10月6日からは「あるわけないのその奥に」に変更)んですけど、それを観たよって友達やお母さんに言ってもらえたりすることですかね。嬉しいです。

篠原私は、いろんな方と特典会で話したりできることですね。ライヴの感想とかを言ってもらうと、こう思ってくれたんだなって知ることも多いんです。それは勉強にもなるし、やっていて良かったなって思います。

佐々木ありがとうございます。では、次の質問です。自分がもし男の子だったら、このメンバーの中で誰と付き合いたいと思いますか?

宮内はははは(笑)。それ、気になる。

深瀬初めての質問だよね。

宮内悩むなぁ。

松下私、決めた。

佐々木では、せーのでこの人と思う人を指さしますか?

一同せーの(笑)!

まねきケチャ

中川あ、美桜ちゃんと相思相愛だ(笑)。

深瀬なんか恥ずかしいね(笑)。

佐々木それぞれ選んだ理由も教えてください。

宮内私は美優ちゃんなんですけど、美優ちゃんってすごく多趣味でアクティヴなんですよ。自分の知らない場所に連れていってくれそうだし、私は旅行が好きなので、休みでどこか行きたいなっていうときに美優ちゃんといると楽しそう。

中川嬉しい(笑)。

宮内あと、お酒とか作ってほしいなって。

松下私は美桜ちゃんなんですけど、普通に顔が好き。

まねきケチャ

深瀬やだぁ(笑)。

松下プライベートでもずーっと見てるんですよ、顔を。見ながら“かわいい”って普通に言っちゃう。

深瀬え~、でもブスって言うじゃん。

松下ブスなときもあるけど、かわいいの。タイプなんです。よく一緒にディズニーランドとか行くんですけど、かわいいなって思いながら見てます。

深瀬美桜は、美優ちゃんのことを人として尊敬しているので。いろいろなことができるのがすごいなって思うし、あとは尽くしてくれそう。

松下わかる、絶対尽くしてくれる。

深瀬いろんなところに行きたいから、一緒に旅行とか行きたいです。

中川私は、美桜ちゃんと食の趣味とか、いろんな趣味が合うんですよ。だから、美桜ちゃんかなって。あとは元気だから。

深瀬元気だから(笑)。良かった。

中川うん、楽しそう。

篠原私は、凛ちゃんなんですけど、しっかりしてるし、いつも小さなことも気づいてくれるので、いいなって思います。

まねきケチャ

宮内嬉しいなぁ。

佐々木みなさんならではだなとすごく思いました(笑)。では、次の質問です。SNSや、ライヴを観に行くとステージ上からもみなさんの仲の良さが伝わってきます。お休みのときも連絡を取り合うとかも多いんですか?

宮内メンバーだけのグループLINEがあるんです。そこでくだらないことも共有していて。

深瀬本当になんでも話します。みんな夜更かしだよね。すぐ既読がつく。

中川夜中の3時とかにLINEしても、返ってくるんですよ。あとは休みの日に一緒に旅行に行ったり、ご飯もよく一緒に行ったりしますね。

深瀬一緒にいる時間が、誰よりも長いんですよね。

宮内休みが被るのがメンバーなので、それも大きいかもしれない。

佐々木ライヴのあとにも一緒にご飯に行ったりするんですか?

宮内そういうこともありますね。

中川誰かの家で鍋パをしたりすることもあります。

佐々木では逆に、メンバー同士でこれはやめてほしいなって思っていることはありますか?

中川はい(※挙手)。

佐々木美優さん、どうぞ。

中川玲緒菜と葵ちゃんの遅刻です。

松下それはそうですね(笑)。

中川その時間に駅に着けばいいと思ってるんですよ。違うんですよ!

松下&篠原はい、気をつけます。

佐々木リアルなやつですね(笑)。

まねきケチャ

松下じゃあ、はい(※挙手)。

深瀬反撃だ!

佐々木玲緒菜さん、どうぞ。

松下美優ちゃんは、全然人の話を聞かないんですよ! みんなでお話ししてても、一緒に話してたのに、“なになに?”っていう感じで。

深瀬(笑)

宮内2テンポくらい遅れてる感じでね。

まねきケチャ

松下もう1回同じ話をするのはめんどくさいから、ちゃんと聞いてよっていつも言うんです(笑)。

佐々木一番直近で加入した葵さんからは何かありますか?

深瀬そうだよね、何かある?

篠原思いつかなかったから、何もないです。

宮内いい子~。

深瀬本当にいい子なんですよ。

まねきケチャ

佐々木今回はとってもリアルなお話が聞けて楽しかったです。どうもありがとうございました。

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by マサ(@masalivephoto)

 

まねきケチャのサイン入りTシャツ (3名様)

  • <応募方法>
  • ①バイトルのアプリをダウンロード
  • ②コンテンツのフッターメニューをタップ

※メニュータブは、アプリ起動後画面の左上 「横の三本線」をタップするとでてくるよ!

お知らせをタップ!
  • ③下の赤枠で囲んでる画像をタップして応募メニューへGO!
応募メニューへGO!
  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

skream
  • \「まねきケチャ」のような経験が積める
    “バイト選び”はコチラ!/
  • https://www.baitoru.com/

カテゴリ一覧